強調したいときに使える「特别」と「尤其」

スポンサーリンク




会話の中で話の流れを自分の良く使っている分野に持っていくことも重要なテクニックと思います。

そんなときに便利に使えるのが今回紹介する“特别“や“尤其“です。

今回の記事では簡単な用法と使い分けを紹介します。

副詞 文頭に置いて「特に〜」

同類の事物の中からある一つのことを強調する意味合いがあります。
使い方は前半部分で何か全体的なことを挙げて、後半部分で具体的に強調したことを挙げます。
我对中国的大城市很感兴趣,尤其/特别是上海
(私は中国の大都市に興味があります、特に上海です。)

特别は是をつけないといけないが尤其は後に“是”をつけなくて使えます。

我喜欢看电影,尤其喜欢欧美电影
(私は映画を見ることが好きです、特に洋画が好きです。)

“特别”のいろいろな使い方

・副詞として「とりわけ」、「非常に」の意味も持ちます
相亲节目特别受年亲人欢迎
(お見合い番組は若者にに非常に人気がある)

・形容詞とし,名詞を修飾することができます

 我的名字有点儿特别
(私の名前は少し変わっている)
マルチリンガル トラベラー
“特别“や“尤其“を使って自分が詳しい具体的なことを話せるようにしよう
スポンサーリンク