発達する翻訳機とどう差別化するか

スポンサーリンク




今や翻訳機の定番となったポケトークですが、最近ではレンタルサービスも可能になりました。

購入する場合だと数万円かかりましたが、モバイルWIFIのように短期間のみレンタルすることで価格を安くでき、誰もが利用できやすいようになりました。

現在ではサービスが提供される箇所が限られていますが、今後ますます利便性が向上していくでしょう。

言語学習としても最強のツールになる日を待ち望んでいますが、現状は画面の小さいのがネックで私はまだ利用しようとは思っていません。

将来的には、ただ精度の高い翻訳だけではなく会話に相手になってくれたり自分の話した言葉の間違いをアドバイスしたりしてくれる機器が登場してもおかしくはないです。

日本に住む外国人が増えてるくると同時に翻訳機の充実で外国語に触れ合う機会が今までよりも増えてきます。語学に関心を持つ人や必要性を感じる人もでてくるでしょう。

機械的な翻訳は機械がやってくれるので、これからの言語学習は機械にはない専門的なことや感情的な部分に特化して進めていかなければなりません。

プライベートでもビジネスの場面でも翻訳機や通訳を介した状況で親密な人間関係は形成されないと思っています。この人間同士の信頼で成り立っているビジネス自体も多くあります。

翻訳機と差別化して言語スキルをこの先身につけていくためには人間同士のコミュニケーションで実践の中から見出していくしかないと考えています。

スポンサーリンク