Go pro HERO7 Black 購入して7つのやるべきこと

スポンサーリンク




旅行中の記録を動画で残したいと思ってGo pro HERO7 Blackを購入しました。

購入して使用するまでにいろいろネットの情報を見ましたがGo pro HERO7 素人には複雑な内容もあったので使えるようになるまで少し時間がかかりました。

Go pro 7を購入しててっとり早く使いたい方やGo pro HERO7を購入を予定している方の参考になればと思います。

本体を出す

Go pro 7の本体を取り出すには箱にから出してさらに本体カバーを外す必要があります。

本体カバー付き状態では中にはいってある箱と合体しているので、箱の表面に記載している説明を見ながら取り外します。



中にはいってある箱から取り外した後は本体カバーから本体のカメラユニットを取り出します。

本体カバーのロックをかけている爪が思ったより固く、けっこう力をいれないとロックが解除されなかったです。

本体カバーからカメラユニットを取り外したらこんな状態になります。

本体の構造を確認する

Go pro 7では操作説明書ないため、本体ユニットを始めて触るときどこに何のボタンがあるかよくわかりませんでした。

公式HPにすべての面についてあるボタンやマイク、LEDの位置を紹介しているのでこちらを参考に↓

一通りのボタンの確認が終わったら、電源ボタンを押して起動させます。

マイクロSDカードを入れる

Go pro 7ではデジタルカメラと同様にマイクロSDカードにとった動画や画像を保存します。

マイクロSDカードをいれないとタッチスクリーンに画面は映りますが、撮影機能を使うことができません

動画を撮影するのが前提だと思うのでマイクロSDカードの64GBで4k動画で2時間ほど保存することができます。

Go pro公認のサンディスク制のマイクロSDカードを購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンディスク SanDisk SanDisk エクストリーム microSDXC UHS-I 64GB SDSQXAF-064G-JN3MD[SDSQXAF064GJN3MD]
価格:10213円(税込、送料無料) (2019/6/16時点)

楽天で購入

 

自分の撮影スタイルに合わせてマイクロSDカードを購入しましょう。

アクセサリーのショーティーに取り付ける

Go pro 7単体だけだと撮影時に本体を手で掴むようにもたないといけないためすこし不便です。

Go pro公式アクセサリーのショーティー(いわゆる自撮り棒)を取り付けて撮影しやすくしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GOPRO ショーティー AFTTM-001[AFTTM001 ゴープロ 三脚]
価格:4405円(税込、送料別) (2019/6/16時点)

楽天で購入

 

 

本体の操作音をOFFにする

いざ撮影開始といきたいところですが、撮影開始したり電源を入れたりするときのピピピ音がとても気になります。

撮影に集中するためにもユーザー設定で操作音をOFFにしましょう。

Go Pro公式アプリをスマホにインストールする

Go pro に記録保存したムービーや写真は公式アプリを使って再生したと、スマートフォンにダウンロードできます。

撮影して動画もスマホの画面で見れたり、リモートでシャッターを切ったりできる撮影時には欠かせないアプリです。

GoPro
GoPro

ムービー撮影してみる

特に設定を変更しなくても録画ボタンを押せばムービーを撮影することができます。

スマホでは再現できなかった広角視野のなめらかなムービーはまさにGoProの真骨頂と言えるでしょう。

こちらのホームページからメールアドレスを登録する撮影シーンに応じたオススメ設定内容を記載したシートを入手することができます。
https://projectgo.pro/gopro-settings/

さいごに

かなりシンプルにGo pro 7を使うまでやるべきことを記載しましたが、Go pro 7をまずは使ってみたいという方には十分な内容だと思います。

細かい設定や他の機能などは撮影をしながら確認していこうと思います。

スポンサーリンク