インドネシア語語 絶対に覚えたい 助動詞まとめ

スポンサーリンク




インドネシア語語でも英語同様に動詞の前に助動詞を置くことができます。

助動詞は動詞だけでは表現できない話し手の気持ちを添えたり、事実以外のことも表現することができるかなり重要な品詞です。

今回は言語のレベルアップには欠かせない覚えておきたい助動詞を例文とあわせて紹介します。

可能の表す助動詞

bisa  〜できる

英語でいうcanで、〜できるという意味です。

定番の助動詞であるため、是非覚えましょう。

Saya bisa makan masakan pedas.
(私は
辛い料理を食べることができる)

言語によってはできるのニュアンスで助動詞も複数あったりしますが、インドネシア語ではbisaで表すことができます。

さらに丁寧な表現にdapatがあります。

願望の表す助動詞

mau ~したい

英語のwantに近いニュアンスです。

やりたいことの意思を表すことのできる基本中の基本な助動詞です。

saya mau makan makasan indonesia
(私は インドネシア料理を食べたい)

ingin ~したい

mauより強い願望でとても〜したいというニュアンス持ちます。

Saya ingin pergi ke Indonesia
(私は とてもインドネシア に行きたい)

harap ~を希望する

英語のhopeに近いニュアンスです。

Saya harap bekerja di Indonesia
(私はインドネシアで働くことを希望する)

義務の表す助動詞

harsu  〜しなければならない

英語のhave toに近いニュアンスです。

助動詞で動詞の前に置き「〜しないといけない」という意味を持ちます。

Saya harus bekerja dangan keras
(私は懸命に働かなければならない)

許可の表す助動詞

boleh してもよい

許可を表す助動詞です。疑問文でもよく使用されます。

 Boleh saka makan?
(私は食べてもいいですか?)



時間の表す助動詞

akan ~する予定

未来の予定を表すときに用います。

Saya akan pergi ke indonesia untul perjalanan
(私はインドネシアに旅行に行く予定です)

sudah すでに〜した

動作の完了を表すときに用います。

Saya sudah makan masakan indonesia
(私はインドネシア料理を食べたことがあります)

sedang 〜している

英語のing形と同じで動作が進行しているときに用います。

Saya sedang menonton TV
(私はテレビを見ています)

belum まだ〜していない

動作がまだ完了してないことを表すときに用います。


Saya belum makan masakan malam
(私はまだ夜ご飯を食べていません)

経験の表す助動詞

pernah ~したことがある

過去の経験を表すときに用います。

Saya pernah pergi ke indonesia
(私はインドネシアに行ったことがあります)

禁止の表す助動詞

 jangan ~するな

禁止を表すときに用います。

Silakan jangan makan
(食べないでください)

Shin
インドネシア語の助動詞を活用して表現力を上げていこう
スポンサーリンク