インドネシア語 me動詞の使い方と役割を徹底解剖

スポンサーリンク




インドネシア語の中で接頭辞の中で頻繁に登場するber動詞に続いて多く登場するのがme動詞です。

今回の記事ではme動詞に関して具体的な使い方を紹介します。

me動詞の活用はかなり複雑

結論から言いますが、me動詞の作り方は語幹の先頭の文字によって様々に変形してとても複雑なので意図的に覚えなくでも大丈夫です。

me動詞の作り方
  • m, n, ny, ng, l, r, w, yで始まる単語=「me」を付加
  • b, f,vで始まる単語=「mem」が付加
  • d,z,c, j, sy,で始まる単語=「men」が付加
  • h, g, kh, i ,e, q, o, uで始まる単語=「meng」が付加
  • kで始まる単語=「me+kをng」に変更
  • pで始まる単語=「me+pをm」に変更
  • sで始まる単語=「me+sをny」に変更
  • tで始まる単語=「me+tをn」に変更
  • 単語が一音節の語幹=「 menge+語幹」

一回見ただけでは絶対覚えれないので、これだけ複雑ということをまずは理解しておきましょう。

活用系の中には原型である語幹が推定できなくなるまで変化している形もあるので注意しましょう。

何度のme動詞を見ていると自然と頭に入ってくるので意識して活用を暗記する必要はありません。

me動詞は他動詞として使う

me動詞で覚えておきたい基本事項は他動詞として使われることが多いです。

英語の他動詞の活用と同じで他動詞は目的語があり、必ず~する側と~される側が存在します。

他動詞と使われるme動詞の語幹は名詞と動詞があります。

名詞がベースのとき

me動詞の語幹が名詞の場合は名詞の属性によってme動詞の活用が分かれます。

この特徴を理解しておけば、語幹を見たときにme動詞に変化できるかどうかなんとなくわかると思います。

名詞の属性別にme動詞を紹介するので参考にしてください。

道具を表すme動詞
sikat ブラシ menyikat ブラシをかける
cap 判   mencap     判を押す

得るものを表すme動詞
protret 写真  memotret.     写真を撮る
gambar  絵   menggambar 絵を描く
karang.  作文   mengarang   作文を書く

行動を表すme動詞
koreksi 修正     mengoreksi 修正する
hemat   節約  menghemat 節約する

動詞がベースのとき

Meの接頭辞が単語として機能しないものが多いので、一つの単語として覚えておきましょう。

(kirim) mengirim. ~を送る
(erti) memgerti  ~を理解する
(ukur) mengukur ~を測定する
(inap) menginap. ~にとまる

()ないの語幹は使う機会がほぼないので覚える必要はありません。

me動詞の後に置かれる目的語をセットで覚えておくと頭にも入りやすくなります。

me動詞は自動詞として使う場合もある

me動詞の中には自動詞として使われる場合がありますが、規則性が特にあるわけではないので覚えるしかありません。

me動詞が自動詞の場合、語幹になる品詞は名詞、形容詞、動詞があります。

名詞がベースのとき

tangis 泣き声 menangis  泣く
nyanyi  歌   menyanyi (歌う)

形容詞がベースのとき

空間、評価、色などを表す形容詞をme動詞にすると状態が変化することを表す自動詞として使うことができます。

besar  大きい   membesar 大きくなる
jauh  遠い   menjauh 遠ざかる
luas   広い    meluas 広がる
baik  良い   membaik 良くなる
buruk 悪い   memburuk 悪くなる
merah  赤い  memerah 赤くなる

動詞がベースのとき

語幹との区別がつきにくいので覚える優先度は低くで問題ありません。

turun 下がる menurun 下降する

まとめ

インドネシア語で一番力を入れて勉強しないといけないのはber動詞me動詞など動詞の活用系です。

参考書によっては解説が乏しく具体的な使い方や役割が記載されてない場合もあります。

まずは今回の記事で体系的に紹介した活用方法でまずはber動詞の基礎を学んで、me動詞を一つずつ使いこなせるようにしましょう。

一つの語幹からber動詞me動詞を活用形を確認していくことで効率よく語彙力を鍛えていくことができます。

ber動詞me動詞の活用を辞書で簡単に確認することができるアプリもあるので参考にしてみてください。

接頭辞や語基という複雑そうな文法の言葉に惑わされずに言語の本質を学びながら理解していくと良いでしょう。

Shin
インドネシア語のme動詞活用を理解して動詞の使い方をマスターしよう

スポンサーリンク