日本人が中国語の歌を競い合う、「中国語合唱コンクール」を見学してきた

スポンサーリンク




中国語合唱コンクール中国の音楽を通して中国語を親しむための会です。

西日本地区「中国語歌唱コンクール」(関西外国語大学孔子学院主催)が2019年12月14日(土)、関西外国語大学御殿山キャンパス・グローバルタウンで開催されていたのでどのようなイベントなのか見学してきました。

関西外国語大学の谷本ホールに会場があり、無料で見学することができます。

受付では関西外国語大学孔子学院が出版する中国語と日本語併記で中国の情報満載の雑誌を無料で配布していました。

雑誌を読む感覚でリアルな中国の情報を学びながら中国語に触れることができるので中国語の学習材料としても非常に役に立つと思います。

コンクールの会場である谷本ホールに入場、すでに出場者の方が前列の方に座ってスタンバイされていました。

受付でもらったコンクール冊子を開いてさっそくプログラムを拝見しました。

中国語歌唱コンクールでは高校生以下の部、大学生の部、一般の部と合計3部構成になっています。

歌唱力、パフォーマンス、発音、暗記の4つの指標から審査員によって採点されて各部で上位に入ると表彰があります。

審査員の中には「NHKテレビで中国語」にレギュラー出演されていた段文凝さんが参加されてました。

あいさつの中では日本と中国の魅力を発信して日本と中国の架け橋になりたいという夢を持ち続けて活動していく中で外国語で自分の言いたいことを表現することの難しさと大切さを語っていただきました。

出場者のみならず中国語学習者の誰もが励みになる貴重をメッセージを生で聞けただけでも十分行く価値のあるイベントでしょう。


歌唱コンクールが始まるとこの日のために一生懸命に練習した出場者の素敵な歌を聞いたり、楽しいパフォーマンスを見て中国語の歌に触れることの楽しさを改めて感じさせられました。

出場者が選んだ曲はどれも素晴らしい歌ばかりで自分でも歌ってみたくなるものばかりでした。

歌詞の中には日常的にもよく使う単語もたくさんあり、歌詞の意味を理解するだけでも中国語の学習方法としては最適です。

受賞された出場者のみなさんの様子は西外国語大学孔子学院の公式HPで紹介されていました。

中国語の音楽を魅力を通して中国語への興味がよりいっそう高まる素晴らしいイベント、是非次回も参加してみたいですね。

Shin
好きな中国語の歌を見つけて中国語学習のモチベーションを維持しよう

スポンサーリンク