沖縄那覇観光スポット「福州園」で中国式庭園を鑑賞しよう

沖縄旅行といえばリゾート地区で様々なアクティビティを楽しんだり、沖縄の大自然を鑑賞したりすることが定番ですが、那覇の国際通りから徒歩でいけるところに「福州園」という中国式庭園を鑑賞できる観光スポットがあるのはご存知でしょうか。

見学の所要時間も30分程度などで旅行最終日など那覇空港でのフライトまで少し時間がある旅行者が立ち寄るにはぴったりの観光スポットです。

今回の記事では「福州園」の魅力を中国語で混じえながら紹介します。

 

沖縄ゆいレールの県庁前駅から徒歩10分ほどで福州園の入り口に到着します。

沖縄名物シーサーが門の前に2頭あるのですぐにわかるでしょう。

門の中でチケットを販売しています。見学料金は大人200円でそこまで高くないものいれしいです。

開園時間は午前9時〜午後6時まで、昼間に那覇市に滞在される方はぜひ立ち寄ってみてください。

門を通り抜けると石材で作られた飾り彫りに魅了されます。

園内では那覇市の友好都市である中国福州の伝統的な建築づくりの見学を楽しむことでできます。

生き生きとして水景が目の前に繰り広げられます。

橋の両端には干支の石像が飾られていました。

石像の作りはとても精工なので是非自分の干支と一緒に記念撮影してみてください。

園内の奥には最もダイナミックな景観を楽しめるスポットがあります。

山の上に昇って園内を展望することもできます。

流れ落ちる滝の音を聞きながら多種多彩な景観を鑑賞してみてください。

園内を散策することで中国福州の旅をした気分を楽しめます。

独特で有意義なこの都市公園で中国式庭園の魅力を感じてみましょう。

撮影した動画を中国語解説の紹介を加えてYou Tubeにアップしたので気になる方は視聴してみてください。

Shin
中国文化に触れ合うことができる観光スポットで中国語の理解も深めよう
沖縄旅行では本土では味わえない素敵な体験を楽しむ要素がたくさんあります。沖縄旅行をリピートしまくった私自身が旅行者視点で沖縄旅行ではぜひやってみたいことをまとめましたので参考に頂ければ幸いです。

沖縄観光で絶対やってみたいことまとめ

2020年5月16日

スポンサーリンク