中国語の色彩語「青」を使った言葉

Kanya
中国語の単語には色の単語が入ったものが多いの?
Shin
色彩語と言われていて中国語では色自体に深い意味があるんだ

中国語の中でよく色を含んだ単語を目にすることがあります。

その中には本来の色の意味とは別に全く別の意味を持つ単語も存在します。

今回の記事で紹介するのは青を使った色彩語です。

最初に伝えておきたいことは日本語の「青」は中国語の日常会話ではほとんど登場しなくて、代わりに「蓝」を用います。

中国語の「青」はもともとは草木の色を表したり、現代では鮮やかな色として一部の慣用句や俗語で使われています。

中国語の学習初期段階では「青」ではなくて日常的によく使う「蓝」を使った中国語を学ぶ機会が圧倒的に多いため、

「蓝」に絞って説明します。

蓝色を使った言葉

蓝色を使った代表的な中国語を紹介します。

蓝天

青い空.青空という意味です。

在蓝天下读书
(青空の下で読書をする)

海蓝

マリンブルー、海のような青色という意味です。

她的眼珠是海蓝
(彼女のひとみはマリンブルーである)

蓝牙

近距離無線技術規格、ブルートゥースの意味です。

我买了蓝牙耳机
(私はブルートゥースイヤフォンを購入した)

蓝领

ブルーカラー、現場労働者という意味です。

日本語でもホワイトカラー(中国語では白领と呼ぶ)はありますが、職種を表す言葉として使われます。

蓝领工作者是在现场作业的工种
(現業職は、現場作業に従事する職種のこと)

蓝图

青写真、未来の建設計画という意味です。

确认远景规划的蓝图
(長期計画の青写真を確認する)

 蓝海

直訳してブルーオーシャン 、未開拓市場という意味です。

蓝海,指的是未知的市场空间
(ブルオーシャンは未知なる市場エリアを指します)

Shin
中国語は色彩後は日常会話でもよく使われるので代表的な単語は覚えて損はない

スポンサーリンク