中国語「了解」と「理解」使い方の違い

Kanya
中国語で「了解」と「理解はどう違うの?
Shin
中国語で「了解」と「理解」はどちらもわかるという意味があるけど異なる点を紹介しよう

中国語の「了解「理解の日本語の違いよりも使い分けがはっきりしているので、今回の記事では使い分けのポイントが学ぶことができます。

了解

中国語の了解は性格や習慣、方法などを深く理解していることや状況を把握するという意味で使われます。

日本語では相手の要求や行為を理解した上で認めたりするときによく用いますが、中国語では若干ニュアンスが異なり日本語の「知っている、把握する」という意味です。

よって中国語の日常会話では動詞として後ろに目的語を加えて使われる事が多いです。

「知っている」と聞くと中国語の知道が頭に浮かぶかもしれませんが、ただ単に「知っている」の知道とは異なり、了解は深く知っているのニュアンスが強いです。

深く知るためには何かしら自発的に行動した結果理解できたというシーンで了解を用います。

我很了解你们的困难
(あなた方の困難はよく承知しています)

→「深く理解する」というニュアンスで使われています。

他们彼此的了解很深
(彼らの相互理解は深い)

→「把握する」というニュアンスで使われています。

理解

中国語の理解は感情の面から理解できるという意味ですが、日本語の「理解する」と同じ感覚で使って問題ないでしょう。

目的語にはよく人の気持ちや要求、意志が使われる事が多いです。

你一点儿都不理解我
(あなたは私のことを少しも理解していない)

→人の気持ちを感情的に理解するというニュアンスで使われています。

理解日语和英语语感的不同
日本語と英語のニュアンスの違いを理解する

→日本語の「理解する」という同じニュアンスで使われています。

まとめ

  1. 深く理解している、把握することは「了解」
  2. 「了解」は日本語の応対に使うときのニュアンスはない
  3. 感情的な面で理解することは「理解」
Shin
中国語の「了解」と「理解」は優れている対象の範囲で使い分けできる
CHECK
中国語の学習を通して使い分けに苦戦した単語を紹介しています。新しい単語を学習するときに使い分けがわからない場合は是非参考にしてください。中国語の似ている単語の使い分けは曖昧なままにしておかないのが語感を鍛えるためには重要です

中国語 似ている単語の使い分けまとめ

2020年3月13日

スポンサーリンク