中国語の色彩語まとめ 色の使った様々な言葉

この記事は中国語の豊富な色彩語を紹介します。中国語の色彩語には伝統的な言葉や新しい時代の変化の中で生まれた言葉もあります。中国の伝統的な概念で用いられる青、赤、黄、白、黒の5色の色彩語を紹介します。

CHECK
日本語の「青」は中国語の日常会話ではほとんど登場しなくて、代わりに蓝」を用います。

中国語の色彩語「青」を使った言葉

2020年4月29日

CHECK
中国人が最も好ましいとする色红色」でよく縁起のいいことや、めでたいことを象徴する意味を表します。

中国語の色彩語「红」を使った言葉

2020年3月17日

CHECK
中国の伝統的な概念における「黄色」は伝説上の帝王黄帝の子孫だと意識して特別崇高な思いを寄せていたそうです。

中国語の色彩語「黄」を使った言葉

2020年4月26日

CHECK
中国の伝統的な概念における「白色」は悲しみや追悼を表し、現代では否定的なニュアンスで使われることが多いです。

中国語の色彩語「白」を使った言葉

2020年4月28日

CHECK
「黒色」は日本語のニュアンスも似ていますが基本的にはマイナスのイメージがあります。

中国語の色彩語「黒」を使った言葉

2020年3月20日
Shin
中国語は色彩後は日常会話でもよく使われるので代表的な単語は覚えて損はない

スポンサーリンク