【中国語】差不多/几乎(ほとんど)の意味の違いと使い分け

Kanya
中国語の差不多と几乎ってどういう違いがあるの?
Shin
意味は似ているけど実は使い方が異なる場合もあるんだ

本記事の内容

日本語で「ほとんど」の意味を表す中国語に差不多/几乎がありますが、本記事では使い方の違いを解説します。

【中国語】差不多/几乎(ほとんど)の意味の違いと使い分け

差不多と几乎の共通点

中国語の「差不多」と「几乎」は詞として「ほとんど」という意味でどちらも使うことができます。

他说的汉语说得很好,差不多/几乎跟中国人一样
(彼の中国語はとても上手い、ほとんど中国人みたいだ)

差不多の几乎の使い方の違いをまとめました。

  1. 副詞として使える、ほとんどやだいだいの意味
  2. 差不多の使用範囲は幅広さに対して、几乎は限定的
  3. 差不多は話し言葉、几乎は書き言葉に使う。

それぞれ詳しく解説します。

 差不多の意味と例文

形容詞として使う場合は様々な文型に使えます。

単節の形容詞の前に使える

我们俩差不多高
(私達は同じぐらいの身長です)

形容詞として単独で使える

程度・時間・距離などに差異がないことを表します。

我父母的性格差不多
(私の母と父の正確はほとんど同じです)

“的”+名詞で名詞を修飾できる

ほとんどの+名詞という意味で使えます。

差不多的问题他都会解决
(彼はたいていの問題は解決できる)

几乎の意味と例文

形容詞として使う場合

単独では使えず形容詞が修飾された場合に使えます。

  我们俩几乎一样高
 (私達は同じぐらいの身長です)

副詞として「もう少しで」という意味の場合

望まないことが起きそうであって、結局起こらなかったことを表します

这件事我几乎忘了告诉你了
(この事をもうすぐであなたに言うことを忘れるところだった)

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です