社会人からでもゼロから中国語を習得できる勉強方法

Kanya
学生時代にまったく中国語に触れたことないけど社会人からでもゼロから中国語を習得できる?
Shin
社会人ならではの勉強方法を駆使すれば習得できるよ

本記事の内容

  1. 社会人ならではの中国語の効率的な勉強方法とは
  2. 社会人で中国語を習得すると仕事に役立つ3つの理由

本記事を読むことで中国語の会話をの使い分けが簡単にできるようになります。

筆者の経歴

筆者自身も大学時代の中国語歴はゼロ、社会人から中国語の勉強を始めて4~5年ほどでHSKの最高級6級と中国語検定2級に合格しました。現在では仕事で中国人のスタッフとの基本的なコミュニケーションはすべて中国語で実施しています。

社会人になって英語以外にも中国語を習得したい方は大変参考にありますでのぜひご覧ください。

社会人ならではの中国語の効率的な勉強方法とは

社会人には学生時代とは違い、社会人ならではの利点を活かした語学の勉強方法があります。

私が実施した中で効果的だった勉強方法を以下です。

  • 隙間時間を徹底活用する
  • 語学に投資をして実践の場で勉強する
  • 仕事上の実践の場で中国語を活用できるようにする
  • 自分なりに合う勉強方法を常にアップデートする

隙間時間を徹底活用する

社会人は学生時代と違って仕事がある日にどれだけ効率的に勉強時間を費やせるか、どれだけ効率的に勉強できるかが鍵です。

経験上、社会人の勉強の時間は以下の3つがおすすめです。

  1. 朝の通勤時間
  2. 出社前のカフェ
  3. ランチ後の休息時間

理由は勉強の終了時間が明確にきまっているので勉強に集中しやすいからです。
休日のまとめて時間時間を確保しても集中力がもたないのとけっこうストレスが溜まる人もいます。

あとは仕事のことを考えなくていいできるだけ朝の時間帯の方がいいです。
仕事からの帰宅してやる場合もあるかもしれないですが、仕事で疲れた脳の状態で集中してもあまり効率的ではないです。

休日に短期集中でやるのもいいですが、長時間の勉強はたいていの人は堪えます。
日頃の疲れを癒すことに専念して、休日も隙間時間に集中して勉強する習慣をつけます。

スマホ1台あれば特別な準備がなくてもすぐに勉強できるので隙間時間に実践しましょう。

中国語の勉強でおすすめのスマホアプリを紹介するのでぜひ参考にください。

中国語の中級者になるためおすすめ学習アプリ

2020年10月8日

語学に投資をして実践の場で勉強する

社会人の強みは金銭的に語学の勉強に投資できることです。

オンラインレッスンや中国語の学校に通ったりして講師の指導のもと効率的に勉強することも可能です。

中国語サークルなども今ではネットやアプリで簡単に見つけることができるおで、社会人で養ったコミュニケーションスキルを駆使して中国語の学習仲間をつくることもできます。

学習教材のテキストやアプリに関しても自分に役にたつのであれば将来への投資としてけちらないようにしましょう。

投資ができるということはいろんな勉強方法にトライすることができるので自分にあった勉強方法も見つかりやすいです。

仕事上の実践の場で中国語を活用できるようにする

中国語の学ぶ動機として仕事で必要な学習者も多いのではないでしょうか?

人生の中で多くの時間を仕事に費やすとしたときに仕事中でインプットした中国語の内容をアウトプットできるようにしましょう。
海外出張にいかずともチャットやビデオ会議などでネイティブと交流できる機会をつくって実践の場を設けるようにします。

実践の中ではうまくいったり、なかなか伝わらなかったり刺激を受けることで日々の学習にも良い影響を与えます。

自分なりに合う勉強方法を常にアップデートする

社会人になればどんな職種でも目標を決めて進捗を管理していき、さらに業務プロセスを改善していく経験を積んでいくはずです。

語学の勉強も同様にどのレベルまで到達する必要があるのか分析して、教材ややり方を常に見直して改善していく必要があります。

社会人で中国語を習得すると仕事に役立つ3つの理由?

社会人で中国語が使えると仕事にも役に立ちます。

  1. 就職、転職に有利になる
  2. 仕事で評価される
  3. アジア圏の多くの国の人と交流が深まる

中国語の資格を保有することで転職のときなど自信のスキルをアピールするにのに有利になります。

筆者も転職の面談のときにHSK6級の資格保有を話すとすごく評価が高かったです。

中国語を必要とする仕事でなくても、英語以外の語学を習得しているという点で関心されやすいです。

英語の資格(英検やTOEIC)の資格保有者はたくさんいますが、中国語はそこまでいないので差別化しやすいです。

就職、転職で有利になる中国語の資格試験HSKを知りたい方こちらの記事を参考にしてください。

中国語の検定試験「HSK」の内容とおすすめ勉強法

2020年3月3日

中国語はアジア諸国の多くの地域で母国語として使われています。

母国語で交流することで英語ではできない現地スタッフと深い交流ができます。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク