【中国語】未来形を表す4つの方法を徹底解説

Kanya
中国語の未来形は教科書には載ってないけど、どうやって表現するの?
Shin
中国語で未来のことを表現するやり方を紹介しよう

本記事の内容

中国語は英語のように動詞に時制がなく、動詞の語形を変化させて未来や過去のことを表すことはできません。

中国語のテキストでも”未来形”という項目で文法を解説しているものはないので、どうやって未来のことを表すのか悩む学習者もいると思います。

本記事では中国語で未来のことを表すための方法を紹介します。

【中国語】未来形の表し方

中国語で未来のことを表現するためには、動詞の時制はないかわりに、他の品詞を使って未来に表すことができます。

未来のことを表す品詞は以下の4つに分類されます。

  1. 未来を表す時間詞を使う
  2. 未来を表す助動詞を使う
  3. 未来を表す動詞を使う
  4. 未来を表す副詞を使う

それではひとつずつ解説していきましょう。

未来を表す時間詞を使う

中国語では時制がないかわりに、時間詞(特定の時間を表す単語やフレーズ)を文章の中に入れることで未来のことを表すことができます

時間詞を置く位置については主語の後が一般的ですが強調したい場合は文頭に置くこともできます。

未来のことを表す代表的な時間詞を紹介します。

  • 下次~ 次の~
  • 明天 明日
  • 后天 明後日
  • 下个星期 来週
  • 下个月 来月
  • 明年 来年

中国語の時間詞は日本語と似ていて法則もわかりやすいのでぜひこの機会に覚えておきましょう。

未来を表す助動詞を使う

動詞の前に未来のことを表すことができる助動詞を置きます。

助動詞の「要」は”~するつもりだ”という意志を含んだ未来のことを表すことができます。

助動詞の「要」が派生した未来を表すフレーズがあります。

ある動作や状態がまもなく起こる時に”まもなく~する”という意味で「要・・・了/快要・・・了/就要・・・了」が使われます。

語尾の「了」は状況の変化を表す語気助詞の「了」が使われています。

また、同じ助動詞でも未来の可能性を表すには「会」を使います。



未来を表す動詞を使う

中国語の動詞の中には未来の予定を表す意味を持つ単語がいくつかあります。

もっともオーソドックスな動詞は「打算」です。

「打算」は”~するつもりです、~する予定”ですという少し先の未来を表すときに使われます。

我打算明天去逛街
(私は町に出歩く予定です)

我计划后天去冲绳旅游
(私は沖縄旅行を計画している)

中国語の「计划」は名詞だけでなく、動詞としても使えるのでぜひ覚えておいてください。

未来を表す副詞を使う

中国語の副詞を使って未来を表すことができます。

副詞の「马上」や「立刻」の日本語訳は”すぐに、もうすぐ”すぐに動作が始まることを表すため、結果的に未来のこと表現しています。

ちなみに「立刻」は書き言葉で使われることが多く、時間の幅が「马上」よりせまいです。

本記事では中国語の未来を表す方法をに関して解説しましたが、過去を表す方法も別の記事で解説してますのであわせてご覧ください。

中国語で過去形(~しました、~でした)を表す6つのパターンを徹底解説

2021年2月19日

過去、未来のことをしっかり表現できるるようになれば中国語の表現力も向上します。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク