TOEIC600点以上を獲得するために公式問題集を使って勉強をするメリット

Kanya
TOEICスコアでなかなか600点を超えないけどどうやって勉強すればいいの?
Shin
TOEICの公式問題集を効果的に使うだけで600点以上は獲得できるんだ

本記事の内容

TOEICのスコアの第一段階の壁として600点以上を取ることが挙げられます。

私自身も基礎的な文法は習得しているけど500点台が続いた経験があります。現状800点までスコアが取れるまでは基本的に公式問題集を活用して勉強しました。

本記事ではTOEIC600点以上目指す英語学習者のために公式問題集を活用した効率的な勉強方法を紹介します。

公式問題集を使って勉強をするメリット

TOEIC公式問題集はTOEIC運営局より販売されている本番同様の形式で試験問題が収録された対策テキストです。

TOEICの公式問題集を使って勉強をすることでTOEICのスコアアップが効率的に行えるばばかりでなく、実践で使えるビジネスコミュニケケーション能力も向上することができます。

私自身が感じた具体的なメリットはこちらです。

  1. TOEIC試験に出題される単語を効率的に学べる
  2. 出題されるシーンがビジネスに特化しているので学習範囲が絞れる
  3. 試験対策で努力したことが実践でも即効で使える

①TOEIC試験に出題される単語を効率的に学べる

TOEICの公式問題集は試験に出題される単語を効率的に学べます。

TOEIC運営の事務局が出版しているだけあって実際の試験でも使われる単語やフレーズがたくさん掲載されています。

TOEICスコア600点以上を目指すなら基礎的な単語力も覚えておく必要がありますが、公式問題集の解答には問題で使われた単語が掲載されているので簡単にチェックできます。

市販のTOEIC対策書の教科書にも同じような記載はありますが、ほとんど出題されない少しマニアックな単語も多くて学習効率が下がってしまいます。

公式問題集でどんな単語が使われているのか確認して、600点突破に必要な単語力をつけましょう。ゆっくり時間をかけて単語の語彙力を養いたい人はこちらの公式単語帳もおすすめです。

②出題されるシーンがビジネスに特化しているので学習範囲が絞れる

TOEICに出題される問題のシーンはけっこう限られています。

例えば商品の購入、面談のスケジュール調整、会議資料の事前確認などの限られたシーンで使われる英語に絞って勉強できます。

試験問題に何度も繰り返して演習するとだいたいストーリーがわかるので内容理解に役立ちます。

ビジネス英語って難しいと思う学習者もいると思いますが、さまざまなシーンのバリエーションがある日常会話よりかは簡単です。

シーンを意識しながら単語やフレーズも学べるので脳への定着も良くなります。

③試験対策で努力したことが実践でも即効で使える

語学の資格試験のたかには実用的に全然使えない内容も出題されることもありますが、TOEICにおいてはそうではありません。

ビジネスシーンで使える単語やフレーズが効率的に学べるのでビジネスの実践の場ですぐに役立ちます。

実践の場でアウトプットにすぐにつながるので学習モチベーションも維持しやすく、さらにより多くのインプットしようとす気になります。

TOEIC対策だけですべてのビジネス英語をカバーできるわけではないですが、ビジネス英語の基礎を効率的に学ぶ用途としてはTOEICは最適な学習コンテンツであることは間違いないでしょう。



実践にも役立つTOEIC公式問題集を活用したPart別のおすすめ勉強方法

TOEIC公式問題集を利用したおすすめの勉強方法をPart別に紹介します。

TOEIC公式問題集では本番の試験形式と同じ内容で2回分収録されています。

単純に問題を解いて自己採点でスコア確認する以外にも実践力につながる勉強方法を紹介しましょう。

Part1 写真描写問題の勉強方法

600点以上を目指す人であればPart1の聞き取りはほとんど問題ないと思います。

リスニングよりかは写真を見ながら自分で簡単に説明できるようにしましょう。

選択肢の単語やフレーズもいくつかヒントになるはずです。

資料を図示しながらなにか説明するシーンはビジネスの現場でもよくあるので、ここで学んだことは無駄にはなりません。

Part2 応答問題の勉強方法

Part2では質問文をひたすら音読します。

実際にどういったシーンで使われているのかしっかりイメージしながら読み上げましょう。

例えば購入した値段を確認する質問文に以下の英語フレーズがあるとします。

how much did this fax machine cost?

この場合はhow much did +名詞 + cost?という定型パターンを覚えてします。

試験対策としては質問の意図をしっかり聞き取りできれば問題なく正答できます。

質問の意図を理解するためには自分の中で質問のバリエーションを把握してるとより聞き取りやすくなります。

設問の後半の方になると質問の仕方も少し難易度は高くなるので無理に覚える必要はありません。

実際につかえそうな質問のパターンから優先的に音読して覚えていきましょう。

Part3/Part4 会話問題/説明問題の勉強方法

実践的なビジネス英語を身に着けるためにはPart3,Part4 の問題を最大限に利用することが重要です。

おすすめの勉強方法はこちらです。

  • ①問題文を聞く
  • ②問題文を音読する(10回以上)
  • ③質問文を見て自分の声に出して回答する

リスニング問題ですが、聞き流すだけの勉強方法ではなかなかスコアアップにはつながりません。

問題文を何度も読むことでよく使われる英語表現も頭の中にはいってくるので結果的にリスニング能力も向上します。

リスニング能力といっても1単語ずつ聞き取れるのではなくて、文の意味として内容を理解できていることです。

音読する勉強はめんどくさいと思うかもしれませんが、地道に継続していけば効果も出やすいです。

なれてくればCDと同じ速度で音読できるようにしましょう。

問題文にはスピーキングに使える基本的な表現もたくさんあるので、説明の解答を自分の言葉で表現してみましょう。

Part3,Part4はリスニングパートのスコアでも大半を占めるので時間をかけて勉強しておくことでスコアアップにもつながりやすいです。

勉強時間が限られていてもこの・Part3,Part4 は継続して勉強するようにしましょう。

Part5/Part6 短文/長文穴埋め問題の勉強方法

Part5、Part6は文法の基礎知識を問う問題がありますが、大きく分けて2つのタイプがあります。

①単語の語彙力
②それぞれの品詞の使い方

問題を一通り解いてみて、間違った問題については上記のどちらの分類にあてはまるのかを確認します。

単語の語彙力であれば単語を覚えていくしかないですが、正答いがいの選択肢の単語を覚えるにはあまりおすすめしません。

文法問題では回答に解説が載っていますが、それでもよくわからない場合は基礎的な文法知識が足りない場合があります。

その場合はテキストやアプリで基礎文法を再度復習しましょう。

公式問題集を2~3冊とけば同じような文法問題も出題されます

問題に使われいる文章はビジネス上での常用フレーズが含んでいるケースが多いので、実践で使えそうなフレーズはそのまま声に出して覚えるようにします。

Part5,6では後半にいくほど文法知識も高度な内容になりますが、実践ではあまり関係のないものもあります。

600点以上目指す段階では前半部分はまずは完璧に正解できるようにして後半部分はあとまわしにするのが得策です。

Part7 長文問題の勉強方法

Part7では短時間でよりいかに長文の概要を把握して質問に答えるようにしなければなりません。

リーディングパートではPart7の配分が一番多いため、
時間をかけてPart7の多種多彩な問題形式になれていく必要があります。

問題を解くときは設問に予め目をとおしておき、キーワードとなる内容本文から見つける練習をしましょう。

この作業は実践のビジネスにおいても限られた時間の中でも文章から必要な情報を抜き出すスキルに必ず役に立ちます。

すべての英単語がわからない中でも英語でのビジネスコミュニケーションをとる上では重要なスキルですので時間制限をかけてやるように心がけてください。

1度の勉強でPart7すべての問題を解くのはとても大変なので、1題ずつ実践していくと集中力が途切れずにすみまます。

本文の概要が把握できるようになればあとは本文の音読を反復します。

公式問題集はより実践のレベルに近いので使われている単語やフレーズになれていくためには最適なテキストです。

音読を何度も繰り返すことでリスニング、スピーキングのスキルアップにもつながります。

本記事で紹介した勉強方法を参考にしてTOEIC公式問題集で繰り返し学習することをぜひトライしてみてください。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク