中国語の謝罪で失敗しないために覚えるべきたった4つのフレーズ

Kanya
中国語の謝罪のフレーズっていろんな形式あるけど場面で使っていいのかわからないよ
Shin
日本語と照らしあわせて覚えておきたいフレーズの使い方を紹介しよう

本記事の内容

中国語で謝罪の意味があるフレーズはいくつかありますが、いざとっさに使ってみて本当にその場面に適したフレーズかどうか不安になったことはないでしょうか?

本記事では中国語の謝罪に関するフレーズに関して正しい使い方を初心者にもわかりやすく紹介します。

中国語の謝罪に関する4つのフレーズ

中国語学習の初級段階で覚えておくべき謝罪フレーズはこちらです。

  1. 不好意思
  2. 对不起
  3. 抱歉
  4. 我错了

使い方を詳しく解説していきますが、たった4つなのでしっかり覚えていきましょう。

不好意思

日本語の「すみません」と同じ使い方です。

ちょっとした場面で幅広く使えるのでネイティブがよくつかうシーンも目にすると思います。

不好意思回复晚了
(返事が遅くなりすいません)

中国語の「不好意思」は謝罪の意味の他にも「恥ずかしい」という意味や英語の「Excute me」という意味もあるのであわせて覚えておきましょう。

对不起

日本語の「ごめんなさい」と同じ使い方です。

普通に謝るときは「对不起」を使えば問題ありません。

对不起吵到你了
(うるさくてごめんなさい)

他にも「对不起」に関するフレーズを紹介します。

对不起啊 ごめんね
真对不起(ほんとうにごめんなさい)

抱歉

日本語のニュアンスだとお詫びのことばなので普段は使わないです。

あえて日本語のフレーズに訳すのであれば非常抱歉で「申し訳ございません」という意味になります。

抱歉我迟到了
(遅刻して申し訳ございません)

我错了

中国語の「我错了」は「私はまちがった」とう意味でで直接的に謝罪を意味するフレーズではありますせん。

ですが自分の非相手に使えるという意味で謝罪の意味を含むときがあります。

中国語の会話にまだ慣れてない段階では本記事で紹介したまず4つの謝罪フレーズを覚えておけば大丈夫です。

以上、読んでいただきありがとうございました。

他にも中国語の便利な会話フレーズをこちらの記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

中国語会話で使える超定番フレーズ

2019年10月22日
スポンサーリンク