中国語 これだけは覚えておきたい呼称

スポンサーリンク




中国語の呼称は日本語と比較してかなり複雑です。

相手の年齢や性別によって呼称が変わってきます。

また時代とともに使われてなくなってきたり、使い方が変わっていった呼称もあります。

今回の記事では現代の中国の生活でコミュニケーションで覚えておきたい呼称を紹介します。

面識のある人

中国人が誰かに話しかけるときには、直接名前を使うことが多いです。

一般的に面識があれば名前を知っているので触接名前で読んでも構いません。

日本語の感覚でだと呼び捨てと思うあもしれないですが、中国語ではそのように感じられることはありません。

尚、日本語を学習している中国の方ならさん付けでも通用することが多いです。

面識のない人

面識のない人に対しての呼称は様々でその区別の現地の人ですら明確な区別を意識してなくて使っている場合もあります。

先生、女士

姓だけしか知らない場合でも、丁寧な呼びかけ方ができます。

先生→ 面識のない男性に対する尊称
女士→ 面識のない女性に対する尊称

パーティーなど多くの人が集まる場ですが先生们、女士们を使います。

日本人にとって少しハードルが高いですが、自分より年齢の高い人に対して+一文字の名前や、自分より年齢の低い人に対して+一文字の名前が使われることがあります。

これは中国の方の名前が一文字が多いのに対して中国語は2文字2音節で使用される場合が多いからです。

帅哥、美女

若い年代の男女に対しての呼称です。年代は20代に対して使われますが感覚的なのものであるので明確な年齢は定まっていません。

先生や女士と比べたらカジュアルで名前がしらない相手でも気軽に使うことができます。

帅哥→  お兄さん
美女→  お姉さん

“帅哥”というのはかっこいい男性のことで、“美女”はきれいな女性のことですがそうでなくても使用されることが多いです。

逆に中国人の人から言われたときは喜びすぎないようにしましょう。

大哥、大姐

自分より年上の人に対して用います。

大哥→ お兄さん
大姐→ お姉さん

叔叔、阿姨

小さい子が使うイメージですが、自分の両親と同じぐらいの世代に対して用います。

叔叔おじさん
阿姨おばさん



職業別の呼称

日本語の「運転手さん」といっしょで中国に特定の職業には呼称があります。

同学

学生さんぽいの人に対して用います。小、中学生に対しては小同学,幼稚児とかには小朋友を用います。

务员

レストランなどの飲食店でウェイターやウェイトレスを呼ぶ時に使います。

老板

会社の社長という意味でお馴染みの中国語ですが、バーとかのマスターを呼ぶときにも用います。

师傅

タクシーの運転手に用います。例えばどこか行き先を伝えるときは「师傅、我想去天安门广场。」と言うと良いでしょう。

最後に

今回の記事では代表的な中国語の呼称を紹介しましたが、まだまだ他にもたくさんあります。

まずは最低限の知識を身につけてから徐々に慣れていきましょう。

Shin
中国語の呼称に慣れるためにも世代別の基本的な呼称は覚えておこう
スポンサーリンク