インドネシア語 ber動詞の使い方と役割を徹底解剖

スポンサーリンク




インドネシア語には接頭辞と呼ばれる動詞や名詞、形容詞などと組み合わさって品詞が変わったり、意味が変わったりすることができます。

英語でいうとlyがつけば副詞、tionで名詞など分類されることに相当するでしょうか。

接頭辞の中で最も頻繁に登場するのがber動詞です。インドネシア語の辞書を索引で調べるとber動詞が無数に登場します。

今回の記事では接頭辞の作り方とその分型を紹介します。

ber動詞は「ber+語基」で形成(例外パターンあり)

インドネシア語には単語の語基と呼ばれるベースの単語が存在して、そのままで使えたり、Berなどの接頭辞を組み合わさって初めて一つの単語になる場合があります。

語基の文字の形成によってber動詞の作り方の例外パターン存在します。

ber動詞の成り立ち
bertumu (会う)= ber + tumu
bersama (〜といっしょに)= ber+  sama
berbicara (話す)= ber+ bicara

語基によってはber+語基で形成されずberがbeやbel になったりします。

そこまでパターンは多くないので具体的な法則を覚えるよりも単語そのものを覚えたほうが早いでしょう。


bekerja(仕事する)= be+kerja(仕事)
belajar(勉強する)= bel+ajar(学び)

ber動詞は自動詞として使う

ber動詞で覚えておきたい基本はの一つは自動詞として使うことです。

英語の自動詞の活用と同じで自動詞は目的語をとることができません。

  1. 主語+ber動詞
  2. 主語+ber動詞+前置詞句
  3. 主語+ber動詞+補語(名詞句)

ベースとなる品詞によって用途が変わる

ber動詞は付加する品詞によって役割が異なってきます。

付加する品詞には大半が動詞か名詞ですが形容詞、数詞も多少はあります。文法的にほとんどは自動詞としての役割を持ち、自らの行為で完結する意味をなします。

ですのでber動詞を見たときは付加された品詞と語基の意味が分かればber動詞をの意味が推測できる場合があります。

付加する品詞別にそれぞれの役割を紹介していきます、

動詞がベースのとき

ber-なしでも動詞として使える

代表的なber動詞としてbicara「話す」にberを付加したberbicara「話す」があります。

berが付加することで多少意味が変わりますが、そこまで違わないので語基の意味さえ知っておけば苦戦することはないでしょう。

Saya berbicara dangan teman
(私は友達と話します)

文法上は自動詞なので文型パターンでも紹介したようにber動詞のあとは前置詞が置かれて文を形成しています。

ber-なしでは動詞として使えない

代表的なber動詞としてtemu(会う)語基としたbertumuがあります。

Saya bertumu dangan teman
(私は友達と会います)

ber-の有無を柔軟に使いこなせるようにかなりの慣れを要するので基本的いはフォーマルな表現であるber動詞で覚えておきましょう。

名詞がベースのとき

主に下記の4種類の意味を持ちます。

1つの名詞に1つのber動詞がないのでわざわざ分類を覚意識する必要はありませんが、わからないber動詞に出くわした時にこの文法を覚えておくと便利です。

所有を表す
属性として持っていることを表します。

berwarna 色がある
berkeluarga 家族がある
berasal 〜出身の

使用を表す
衣服や道具を使用することを表します。名詞が本来の使われる動作を動詞として表現しています。

berpakain  服を着用する
bersepeda 自転車に乗る
beemobill 車に乗る

産出を表す
目に見えないものも含めてアウトプットされることを表します。アウトプットされる種類は様々なので必要なber動詞だけ覚えまえるとようでしょう。

berbahasa 言葉を話す
berhasil 結果を出す
berbunyi 音を出す

行為を表す
動作を実行ことを表します。直感的に動詞を連想させやすい分類です。

belajar 勉強する
berusaha 努力する
bekerja  仕事をする

形容詞がベースのとき

形容詞と付加してber動詞を形成した場合はその形容詞を意味する状態や過程を表します。

berkansung 進行する  (langsung 直接の)
bersama 〜と一緒に(sama 同じ)
bergambira 喜ぶ (gambira 喜ぶ )
()内は語基となる形容詞

数詞がベースのとき

インドネシア語で数は数えるとき、satu,dua,tiga,,,,にberを付加することができます。

bersatu 一つにまとまる
berdua 二人で
bertiga 三人で

そこまで使用頻度も少なく覚えるber動詞も限定的です。

まとめ

インドネシア語で一番力を入れて勉強しないといけないのはber動詞など動詞の活用系です。

参考書によっては解説が乏しく具体的な使い方や役割が記載されてない場合もあります。

まずは今回の記事で体系的に紹介した活用方法でまずはber動詞の基礎を学んで、ber動詞を一つずつ使いこなせるようにしましょう。

接頭辞や語基という複雑そうな文法の言葉に惑わされずに言語の本質を学びながら理解していくと良いでしょう。

Shin
インドネシア語のber動詞を体系的に学ぶことで動詞の活用を効率的に習得できる
インドネシア語 疑問文を速攻で覚えるコツ
インドネシア語「yang」の使い方を徹底解説
インドネシア語語 絶対に覚えたい 助動詞まとめ
[/box

スポンサーリンク