インドネシア語 比較を表す表現まとめ

今回の記事ではインドネシア語の比較を表す表現について表現します。

比較を表す表現を使うことで、性質や状態の程度がどれぐらいなのかを具体的に示すことができます。

比較を表す表現で覚えるべき文法はたった3つのみで比較級(〜より〜である)、最上級(〜の中で最も〜である)、同等表現(〜と)と英語で学んだことのある表現と同じです。

例文といっしょに紹介するので、使い方の違いに着目して覚えておきましょう。

比較級

インドネシア語ほ比較級は英語と似ています

Komoditas ini lebih murah daripada komoditas itu
(この商品はあの商品より安い)

Lebihはより~を表して性質、状態を表す単語の前に置きます。

英語のcheeper more expensive というように形容詞によって比較級の活用形を変える必要はありません。

その後に比較の対象となる単語をdaripada の後ろに置きます。

また、比較の対象がない場合でもlebih単独で文章が成立します。

Komoditas ini lebih murah
(この商品はより安い)

程度の度合いを具体的に表す言葉でjauh 「はるかに」、sedikit 「少し」などがあります。

Komoditas ini jauh lebih murah daripada Komoditas Itu
(この商品はあの商品よりはるかに安い)

具体的な数量を用いて表すこともできます。

Komoditas ini  50 rupiah lebih murah daripada Komoditas Itu
(この商品はあの商品より50ルピア安い)

lebihを用いたよく使う表現で、lebih baik 「~する方が良い」、英語のbetter to に相当します。

最上級

ものごとの性質や状態の程度が最も高いことを表します。

接頭辞にter-を付けるか、paling を性質や状態を表す単語の前に置きます。


Komoditas ini termahal di koto

Komoditas paling mahal di koto
(この商品は店で最も価格が高い)

上記の2つの文は完全に同じ意味を持ちます。

接頭辞にter-はすでにberなどの他の接頭辞が付いている場合は使用できません。

palingを用いたよく使う表現を紹介します。

paling-paling 最大で

Komoditas ini paling-paling 50 rupiah
(この商品は最大で50ルピアする)

paling tidak 少なくとも

Komoditas ini paling tidak 50 rupiah
(この商品は少なくとも50ルピアする)

具体的な程度はわからないけど一定の限界値はわかっているときに使いえる便利なフレーズです。

同等表現

2つのものを比較したときに、性質や状態の程度が同じであることを表します。

表す方法は以下の2通りあります。

Komoditas ini semahal  Komoditas itu
Komoditas ini sama mahalnya  dengan  Komoditas itu
(この商品はその商品と値段が同じくらい高いです)

同等表現の否定は接頭辞se-の前にtidakを置きます。

Komoditas ini tidak semaha Komoditas itu
(この商品はその商品よりも高くはない)

接頭辞にse-はすでにberなどの他の接頭辞が付いている場合は使用できません。

まとめ

比較表す文法はそこまで複雑ではないので文章に触れていくうちに慣れてきます。

日常会話においても2つ以上のものごとから1つを選ばないといけないときに今回紹介した比較を表すインドネシア語を是非活用してみてください。

Shin
性質や状態の程度表すフレーズを用いて具体的な表現を身につけよう

<script data-ad-client=”ca-pub-9969214045765182″ async=”” src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

スポンサーリンク