日本人が韓国語を覚えやすい3つの理由

Kanya
韓国語を勉強したいけどハングル文字とかあって難しくない? 
Shin
韓国語は日本語に共通する特徴がたくさんあって日本人にとっては勉強しやすい言語だよ

筆者の経歴

英語以外にも様々な言語の習得を経験して、効率的な学習方法をブログで公開中。
多言語学習をすることで言語の特徴がわかり具効率的な学習の進め方がわかります。

本記事を読めば韓国語の特徴を紹介ながらなぜ日本人が韓国語を覚えやすいのが理解できます。

日本人が韓国語を覚えやすい3つの理由

日本人が韓国語を覚えやすい理由は3つあります。

  1. 日本語の発音で読める単語が多い
  2. ハングル文字はかなりシンプルに構成されている
  3. 日本語でもある助詞を使用して文が構成される

1.日本語の発音で読める単語が多い

外国語学習において多くの学習者を悩ませる発音ですが、韓国語の発音は日本語の感覚で読めてしまう単語があります。

  • 日本語の漢字の読みと似ている
  • 日本語の漢字に相当する韓国語は読み方がひとつ
  • 日本語のカタカナの単語の多くは韓国語の外来語としてそのまま読める

韓国語は日本語と同じで中国語の漢字からできた言葉です。

ハングルの文字の難解な印象が強いですが、実は私たちが普段何気なく使っている漢字に共通する部分があります。

漢字語と言われる韓国語は日本語の漢字の発音と似たような言葉が多くあります。

さらに一つの漢字に対して読み方は一つなので音読み、訓読みの使い分けに迷う必要もありません。

一度見たり聞いたりするだけで頭に残りやすく、特に時間をかけて覚える必要もありません。

例えば안(アン)は漢字としは「安」を表します。안(アン)を用いた漢字語は、以下の単語があります。

안전(安全)、안심(安心) 안정(安定)

どの単語も안(アン)という発音は同じです。안심(安心)のように日本語と同じ発音の漢字を組み合わせた場合は日本語との違いはほとんどありません。

また、안정(安定)の정(jeong)にように日本語の漢字の読み方とは異なりますが、その漢字が使われている韓国語はすべて同じ読み方になります。

yijeong(一定)、가 gejeong(仮定)고gojeong

さらに日本語のカタカナで表している外来語の多くが韓国語でのハングル文字を当てはめることで表しています。

うれしいことに韓国語の外来語は日本語と似ているものが数多くあります。

よく参考書で紹介される韓国語の外来語を以下に示します。

카메라(カメラ)

택시(タクシー)

카드(カード)

테니스(テニス)

인터넷(インターネット)

버스(バス)

このように同じハングル文字でも日本語の漢字やカタカナの知識が利用できることは日本人にとって非常に重要なアドバンテージです。

2.ハングル文字はかなりシンプルに構成されている

韓国語のハングル文字はローマ字の間隔で読み書きですることができます。

ひとつの文字が母音と子音を意味する文字のパーツの組み合わせでできています。

組み合わせのパターンに関してはお大きく分けてたった2つです。

子音+母音

母音のパーツは右または下に配置される。

가(カ) →左:子音 右:母音
쿠(ク) →上:子音 下:母音

日本語のあいうえおのように母音だけを表現するときの文字は以下のようになります。

아(ア) 이(イ) 우(ウ) 에(エ) 오(オ)

この文字が構成される規則を知ってしまえば韓国語の文字を読むことは少し慣れば誰でも読めるようになります。

子音+母音+子音

子音+母音の形に加えて下に子音が配置されます。

ハングルを表す「한」ですが、子音+母音+子音から構成されています。

子音 母音
子音(パッチム)

下に置かれた子音のことを韓国語ではパッチムと予備、次にくる文字の音によって発音が変化しているのが韓国語の特徴です。

このパッチムというとなにか特殊な感じはしますが、英語の文字を発音するときと同じ思えば簡単に理解できるでしょう。

例えば인터넷(インターネット)を英語いうとInternetです。赤文字の子音の部分はハングル文字の中のパッチムで表現していることがわかります。

文字が読みやすいということは音に関する情報も多く触れることができて言語習得の大きな支えになります。



3.日本語でもある助詞を使用して文が構成される

日本語の助詞にある「〜は」や「〜が」に相当する単語が韓国語にもあります。

意味も日本語の助詞に対応するものがほとんどなのでわざわざ時間をかけて覚える必要がありません。

さらに語順も助詞を使って日本語と同じようにつくることができます。

저(私)는(は)일본(日本)사람(人)입니다(です)

韓国語の助詞について詳しく学びたい方は下記の記事を参考にください。

【初心者必見】韓国語の助詞を効率的に覚える勉強方法

2020年10月2日

上記の例文を見ての通り、韓国語の語順は日本語とまったく同じであるので、文章をつくる際に語順に悩む必要がありません。

外国語をペラペラしゃべれるようにあるには単語を暗記するだけではなく、文章を頭のなかで自然とつくれるようにならないといけません。

日本語と語順が異なることの障壁がない韓国語はまさに日本人にとってかなり勉強しやすい言語といえるでしょう。

韓国語を覚えやすいから難易度が低いわけではない

韓国語は日本人にとってとっつきやすい言語だというのは事実です。ですが、習得するのに難易度が低いというわけではありません。

言語の習得において”読み書き”よりも”話す聞く”を習得することは簡単ではありません。

韓国語の発音は文章にしたときに省略されたり発音が変化したり多種多彩です。
単語が読めても文章の状態で話たり聞いたりできる必要があるからです。

また、韓国語だけで発展していった日本語とは共通しない単語も少なくはありません。
その単語は地道に覚えていくしか方法はありません。

まずはハングル文字の規則を理解して慣れることで、”話す聞く”の学習を重点的に行いましょう。

他にも日本人が覚えやすい言語

日本人が覚えやすい言語として中国語が挙げられます。

韓国語と中国語の違いも別の記事で解説しているので参考にしてください。

韓国語と中国語は似ている?習得する難易度の違いを解説

2020年8月24日

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク