【初心者必見】タイ語を効率的に勉強する上で知っておきたいこと

Kanya
タイ語を効率的に勉強にするにはどうすればいいの?
Shin
タイ語の勉強をするなら言語の特徴を知っておくべき。初心者に効果的な勉強方法を紹介しよう。

本記事のテーマ

タイ語の学習初心者におすすめの効率的な勉強方法を紹介

本記事を読むことでタイ語を効率的に習得するための勉強方法がわかるので無駄な努力をする時間がなくなります。

まずはタイ語の音に慣れる、発音記号で問題なし

タイ語の学習を始めるにが日本語や英語とは全く異なるタイ語独特の音声に慣れる必要があります。

通常は文字を読んで単語と文法を理解する勉強方法をする学習者が多いと思いますが、はっきり言うと象形文字のようなタイ文字は初心者が読めることはありません。

タイ文字を読むことはあと回しにして、初心者用のテキストはアルファベットベースの発音記号が記載されているのでなんとなくどんな音かは理解できます。

英語などで培ってきた文字を読んで単語と文法を理解する勉強方法は捨てて音から言語を理解する方法が一番効率が良いです。

タイ語の音声を聞くために以下のやり方がおすすめです。

オンラインレッスンでタイ人の講師と会話する

英語に比べてサービスの数は圧倒的に少ないですが、タイ語でもオンラインレッスンのサービスは受けれます。

私が体験したおすすめのタイ語オンラインレッスンを別記事でレビューしてますので参考にしてください。

Youtubeを視聴して生のタイ語を聞いてみる

YouTubeでは日本人向けにタイ語の学習動画を配信しているユーチューバーがいます。

有名なのがタイ人ユーチューバーのBeam Senseiです。

タイ語と日本語で併記してくれているので、Facebookの翻訳機能を使えばタイ語の文を学習するときになんとなく意味がわかって学びやすいです。

動画に関しても月に数回アップロードされていて、日本語とタイ語を混ぜながらタイや日本を紹介しています。

タイ人ユーチューバー Beam Senseiからタイ語を学ぼう!

2019年5月20日

ハロートーク(Hello Talk)アプリでタイ人の友達と会話する

言語学習アプリのハロートークでは日本語を学ぶタイ人ユーザーがが多く在籍しています。

タイ語の学ぶ日本人はそこまで多くないので言語学習パートナーを見つけやすいです。

タイ語を学ぶ動機としてはタイ人とのコミュケーションを挙げる学習者がほとんどでしょう。

ハロートークで気軽に話せるタイ人と友達になればいつでも実践的なタイ語を聴くことができます。

ハロートーク(Hello Talk)無料電話機能を使って言語交換をする方法

2020年11月20日

単語は複合語を意識して、関連語を一度に覚える

語学に置いて単語を覚える過程は必ず通るべき道ですが、タイ語の場合は工夫をすれば効率的に単語を習得できます。

タイ語の単語の特徴

  1. タイ語の単語の語彙数は少ない(日本語比較)
  2. タイ語の単語は短い単語を組み合わせて新たな単語を形成する
  3. タイ語の単語の組み合わせのパターンにはいくつかの法則がある

上記の法則をまずは理解して単語学習をすれば短時間でも効率的にタイ語の単語を覚えることができます。

タイ語の単語を簡単に覚えるために絶対に知っておきたいこと

2019年9月20日

単語を覚えていく段階でもあくまで音声主体で勉強します。

文法は入門書を1冊何度も繰り返し音読して習得

タイ語の文法はそこまで複雑ではないので覚えるべき文法もそこまで多くないです。

例えば英語では時制や人称によって語形変化がありますが、タイ語では語形変化はないです。

英語の過去形や過去完了、仮定法といった複雑な文法のせいで文法学習を苦に感じる学習者は多いですが、タイ語の文法は非常にシンプルです。

タイ語の丁寧に解説された参考書を1冊を何度も繰り返し音読すれば十分です。

タイ語の入門書でおすすめの書籍はこちらです。

タイ語初心者におすすめの教科書を別記事で紹介してますのでぜひ参考にしてください。

初心者におすすめタイ語テキスト3選【失敗しない教材選びの方法】

2020年9月22日

基礎ができたらタイ文字習得に焦点を置く

タイ語の音、単語、文法の基礎固めができたら初めてタイ文字に習得に焦点をおきます。

タイ文字が持つ音声をルールを意識してこれまでの学習で聞いていた音と照合しながら読んでみます。

タイ文字は似たような文字も多く、手書きは難易度がかなり高くなります。

実用的なコミュケーションであればスマホのタイ語キーボード入力が便利です。

タイ文字が読めるようになればSNSやネット記事など様々なメディアで発信されているタイ語を教材にして学習を進めます。

以上、読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク