Japanese traditional culture Setsubun by English

I receive a request from a foreigner who often learns Japanese to teach me about Japanese culture.

In this article, I would like to express the Japanese winter traditional Setsubun in a foreign language.

[bogo]

What is Setubun(節分)

I share Japanese one of the famous traditions culture.
(私は日本で有名な文化を紹介します)

That would help the foreign people who want to learn Japanese culture.
(
この事は日本の文化を学びたい人々にとって助けになるでしょう)

Setsubun(節分)is the day that mean the division of seasons, it indicate to start spring season from winter.
(節分は季節の変わり目を表して冬から春にかわることを指します)

 

As you know Janpan has 4 season, we have many word related to express the change of season.
(ご存知のとおり日本は四季があり、季節の変わり目を表現する言葉がたくさんあります。)

Actually it doesn’t change season soon after the day of Setsubun(節分) goes on  , but Japanese person feel coming spring and expect warm culminate.
(実際には節分の日が過ぎですぐに季節が変わるわけではありませんが、日本人は春の訪れを感じ暖かい気候を期待します)

And there is essential food for the day of Setsubun(節分).
(また節分の日には書かせてない食べ物があります)

Japanese language say”Mame(まめ)”, that is soybean.
(日本語でまめと言われ、豆のことです)

When coming the period of the Setsubun(節分), the supermarkets sale special soybean for  Setsubun(節分).
(節分の日の時期が近づくとスーパーマーケットで節分用の豆が売られます)

Japanese people has a habitation to eat soybean in our life like Nartto(納豆).
(日本人は納豆のように豆を食べる習慣があります)

But this soybean of Setsubun is different from usual food.
(でも、節分の豆は普段食べている豆とは違います)

Although foreign people can’t believe, Japanese people throw the beans without eating.
(外国の方は信じられないかもしれませんが、日本人は豆を食べずに投げます)

In ancient Japan, it was believed that demons would arrive at the turn of the season.
(昔の日本では季節の変わり目に鬼がやってくると信じられていました)

It is said that we can exterminate the demos to throw soybeans against them.
(豆を投げつけることで鬼を退治できると言われてきました)

When throw soybean , there is the famous Japanese phrase , “out with the demon!In with good fortune(鬼は外、福は内)”.
(豆を投げるときの有名な言葉で「鬼は外、福は内」があります)

Long time ago , Japanese people believe avoid unexpected sick and disaster and the happiness will come.
(大昔、日本人は予期しない病気や災害を避けて幸運が訪れると信じていました)

Of course , nowadays the demons doesn’t exist,so the people wear the demon’s mask to act demons.
(もちろん現代では鬼はいません、人々は鬼の仮面をかぶって鬼を演じます)

After throw the soybeans , we eat the soybeans which is same as the number of the own age,finally  play the happiness of the years.
(豆を投げたあと、自分の歳の数だけ食べて幸運を祈ります)

There is more information about Setsubun, so please check if you are interested.
(まだまだ節分に関する情報はありますので興味があれば調べてみてみてください)

Shin
日本の伝統文化を外国語を使って世界に発信していこう

スポンサーリンク

節分の豆まきを中国語で表現してみた

我经常从学习日语的外国人委托介绍日本文化。

在本文中,我想用外语表达日本的冬季传统文化。

[bogo]

节分到底是什么传统节日

我分享日本的一种著名的传统文化。
(私は日本で有名な文化を紹介します)

这件事帮助想学习日本文化的外国人。
(この事は日本の文化を学びたい人々にとって助けになるでしょう)

节分(Setsubun)是表示季节划分的日子,它指示从冬季开始春季。
(節分は季節の変わり目を表して冬から春にかわることを指します)

 

如您所知,日本有四季,我们有很多词来表达季节的变化。
(ご存知のとおり日本は四季があり、季節の変わり目を表現する言葉がたくさんあります)

实际上,不是节分那天结束后季节就改变,但是日本人感到春天来了,并期待温暖的气候。
(実際には節分の日が過ぎですぐに季節が変わるわけではありませんが、日本人は春の訪れを感じ暖かい気候を期待します)

还有节分那天有不可缺少的食物。
(また節分の日には欠かせない食べ物があります)

日语说“ Mame(まめ)”,指大豆。
(日本語でまめと言われ、豆のことです)

到节分期间,超市将出售节分(节分)专用大豆。
(節分の日の時期が近づくとスーパーマーケットで節分用の豆が売られます)

日本人拥有像纳豆这样的生活来食用大豆。
(日本人は納豆のように豆を食べる習慣があります)

但是节分的这种大豆与通常的食物不同。
(でも、節分の豆は普段食べている豆とは違います)

尽管外国人无法相信,日本人却不吃就撒豆。
(外国の方は信じられないかもしれませんが、日本人は豆を食べずにばらまきます)

在古代的日本,人们相信在季节变化之间来到魔鬼。
(
昔の日本では季節の変わり目に鬼がやってくると信じられていました)

据说我们向魔鬼撒豆可以消灭。
(豆を投げつけることで鬼を退治できると言われてきました)

撒豆时,有一个著名的日语短语:“魔鬼出去!福进来(鬼は外,福は内)”。
(豆を投げるときの有名な言葉で「鬼は外、福は内」があります)

很久以前,日本人相信避免意外的疾病和灾难,幸福就会来临。
(大昔、日本人は予期しない病気や災害を避けて幸運が訪れると信じていました)

当然,如今魔鬼不存在,所以人们戴着魔鬼的面具来演魔鬼。
(もちろん現代では鬼はいません、人々は鬼の仮面をかぶって鬼を演じます)

扔掉大豆后,我们吃与自己年龄相同的大豆,最后祝愿快乐。
(豆を投げたあと、自分の歳の数だけ食べて幸運を祈ります)

有关节分的更多信息,你们那感兴趣的话请查一下。
(まだまだ節分に関する情報はありますので興味があれば調べてみてみてください)

Shin
使用外语将日本的传统文化传播到世界各地

スポンサーリンク

節分の豆まきを外国語で表現してみた

よく日本語を学んでいる外国人の方から日本の文化が教えてほしいと依頼を受けます。

今回の記事で日本の冬の風物詩である節分について外国語で表現したいと思います。

中国語バージョンも作成したので下記で言語を変更して見てみてください。

[bogo]

What is Setubun(節分)

I share Japanese one of the famous traditions culture.
(私は日本で有名な文化を紹介します)

That would help the foreign people who want to learn Japanese culture.
(
この事は日本の文化を学びたい人々にとって助けになるでしょう)

Setsubun(節分)is the day that mean the division of seasons, it indicate to start spring season from winter.
(節分は季節の変わり目を表して冬から春にかわることを指します)

 

As you know Janpan has 4 season, we have many word related to express the change of season.
(ご存知のとおり日本は四季があり、季節の変わり目を表現する言葉がたくさんあります。)

Actually it doesn’t change season soon after the day of Setsubun(節分) goes on  , but Japanese person feel coming spring and expect warm culminate.
(実際には節分の日が過ぎですぐに季節が変わるわけではありませんが、日本人は春の訪れを感じ暖かい気候を期待します)

And there is essential food for the day of Setsubun(節分).
(また節分の日には書かせてない食べ物があります)

Japanese language say”Mame(まめ)”, that is soybean.
(日本語でまめと言われ、豆のことです)

When coming the period of the Setsubun(節分), the supermarkets sale special soybean for  Setsubun(節分).
(節分の日の時期が近づくとスーパーマーケットで節分用の豆が売られます)

Japanese people has a habitation to eat soybean in our life like Nartto(納豆).
(日本人は納豆のように豆を食べる習慣があります)

But this soybean of Setsubun is different from usual food.
(でも、節分の豆は普段食べている豆とは違います)

Although foreign people can’t believe, Japanese people throw the beans without eating.
(外国の方は信じられないかもしれませんが、日本人は豆を食べずに投げます)

In ancient Japan, it was believed that demons would arrive at the turn of the season.
(昔の日本では季節の変わり目に鬼がやってくると信じられていました)

It is said that we can exterminate the demos to throw soybeans against them.
(豆を投げつけることで鬼を退治できると言われてきました)

When throw soybean , there is the famous Japanese phrase , “out with the demon!In with good fortune(鬼は外、福は内)”.
(豆を投げるときの有名な言葉で「鬼は外、福は内」があります)

Long time ago , Japanese people believe avoid unexpected sick and disaster and the happiness will come.
(大昔、日本人は予期しない病気や災害を避けて幸運が訪れると信じていました)

Of course , nowadays the demons doesn’t exist,so the people wear the demon’s mask to act demons.
(もちろん現代では鬼はいません、人々は鬼の仮面をかぶって鬼を演じます)

After throw the soybeans , we eat the soybeans which is same as the number of the own age,finally  play the happiness of the years.
(豆を投げたあと、自分の歳の数だけ食べて幸運を祈ります)

There is more information about Setsubun, so please check if you are interested.
(まだまだ節分に関する情報はありますので興味があれば調べてみてみてください)

Shin
日本の伝統文化を外国語を使って世界に発信していこう

スポンサーリンク