中国語 受け身構文の文法や使い方を徹底解説

中国語で「誰かに〜される」という表現をするには受け身構文を使います。

中国語では日本語のような助詞がないため、動作の主体を明確にするために把構文や受け身構文を使うことが多くあります。

今回の記事では中国語の受け身構文の文法や使い方を解説します。

中国語の受け身構文とは

中国語の受け身構文は文法の標識のように被/让/叫を使います。

受け身構文動作を受ける対象が主語となります。

被/让/叫を使った受け身構文は基本的には置き換え可能ですが、それぞれの用法に特徴があります。

那个站被人们叫做神户站
(その駅は神戸駅といいます)

動詞である叫做はそれ自体に受け身の要素があります

の変わりにを使うこともできます。

受け身構文で注意すること

動詞の部分に結果を表す補語を置いて、動作行為の完成結果を示す要素がないといけません。

他被欺骗了
(彼は騙された)

は新しい状況発生状況変化を表してきます。

中国語のをもっと学びたい方はぜひこちらの記事を参考にしてください。

中国語「了」の使い方を徹底解説【アスペクト助詞と語気助詞の使い分け】 

2019年3月2日



否定文と疑問文

受け身構文の否定文は被/让/叫の前に不定語である没/不を置きます。

我不被任何人理解
(私は誰からも理解されない)

受け身構文の疑問文は文末に「吗」を置きます。

我被她讨厌了吗?
(彼女に嫌われているのですか?)

受け身構文を使わずに受け身を表す

被/让/叫を使わずに受け身の意味として表現される文も多くあります。

这个问题已经解决了
(この問題はすでに解決された)

主語と述語の意味上の関係から受け身の意味を表す場合もあります。

被/让/叫 使い方の違い

話し言葉ではを多く使われて、は書き言葉として使われます。

実際には受け身の構文としてあまり使われていません。

は行為者が不特定多数であったりはっきりしない場合はの後ろに置く動作主を省略できます。

那辆汽车被送到他家了
(その自動車が彼の家に届けられた)

上記の文でが動作主が不明のため省略されていて、は替わりに使うことができません。

また、は「受動文」にしか使いませんが、は「使役文」にも使われます。

なので基本的に慣れてないうちは受け身構文は被を使った方が良いです。

まとめ

今回の記事では中国語の特殊な語順である受け身構文を解説しました。

把構文とあわせて中国語の表現力をアップさせる構文なのでぜひ覚えておきましょう。

中国語の相づち表現の意味と使い方まとめ

2020年6月20日
Shin
中国語の受け身構文は把構文との違いを理解しながら覚えよう。
中国語を文法学習のノウハウを紹介しています。教科書や参考書で基礎を学ぶ事も重要ですが、初心者の間はどの項目が重要でよく使う文法なのか区別が難しいです。誤った文法学習をしないためにも独学での効率的に学習できるように必要な文法を厳選して紹介してるので是非参考にしてださい

中国語文法 独学で学ぶ効率的な勉強方法

2020年7月11日
スポンサーリンク