韓国語初心者が独学するためのおすすめ厳選テキスト

Kanya
韓国語の勉強を始めたいけど、市販のテキストがたくさんありすぎてどれを選んだらいいのかわからないよ
Shin
韓国語の初心者におすすのテキストを厳選して紹介しよう

本記事の内容

本記事では韓国語の初心者がまず最初に購入すべきテキストを紹介します。

韓国語初心者が独学するためのおすすめ厳選テキスト

1時間でハングルが読めるようになる本

こんな人におすすめ
  • ゼロから韓国語を学ぶ人
  • 短期間でハングル文字が読めえうようになりたい人

韓国語はに漢字やアルファベットをハングル文字を使われているので、まず最初にハングル文字の読み方を理解しておく必要があります。

韓国語の発音についても”音”の習得が重要ですが、ハングル文字を読めないことでは音の成り立ちがわからないため、リスニングやスピーキング学習の効率が悪くなります。

テキストのタイトル通り1時間でのハングル文字習得は難しいですが、短期間でハングル文字を習得するために効率的な覚え方がy丁寧に記載されています。

文法的な内容はほとんど説明はないので、このテキストでハングル文字も慣れたら別のテキストを活用してみましょう。

ゼロから一人で韓国語

こんな人におすすめ
  • 基礎的な韓国語の文法をしっかり習得したい人
  • 韓国語の基礎文法の全体像を把握したい人

ハングル文字、発音、文法、フレーズとバランスのとれたテキストです。

フレーズを学ぶ内容ではハムニダ体とヘヨ体の両方の解説があり且つ韓国語の特徴も豊富に解説していまうす。

文章や会話文は少ないですが、韓国語の基礎を全体的に学ぶために購入する最初の1冊としておすすめです。

CD BOOK 韓国語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本 

こんな人におすすめ
  • 韓国語の初級文法を厳選して学びたい人
  • 韓国語の文章をたくさん書く練習をしたい人

韓国語をこれから学びたくて、且つ短期間で基礎を学びたい方におすすめのテキストです。

序盤で軽くハングル文字や発音法則を紹介して、あとは韓国語の初級文法を豊富な例文とともに解説してきます。

このテキストで紹介されている例文は実践で使えるものが多いので、気に入ったフレーズごと丸暗記することをおすすめします。

文法よりもまずは韓国語に触れてみたい学習者はぜひこちらのテキストを活用ください

CD付き 文法から学べる韓国語 初級パーフェクト版

こんな人におすすめ
  • 韓国語の単語、文章、文法をバランスよく学びたい人
  • 韓国語の初級の全ての文法を網羅的に学習したい人

韓国語を総合的に学びたいならこのテキストがおすすめです。

わかりやすい文法解説の後には豊富な用例で練習問題があり、会話文で実戦でどのように使えばいいのか学べます。

収録されている文法のボリュームは初級用のテキストとしては他テキストに比べて圧倒的で中級レベルまでのこの1冊でカバーできます。

「ハングル」検定公式ガイドブック5級テキスト「ペウギ」

こんな人におすすめ
  • 韓国語の基礎文法を総合的に学びたい人
  • ハングル語検定5級の対策をしたい人

韓国語の初級文法を一通り終わらせた後はこちらのテキストがおすすめです。

各章ごとに会話文と単語紹介、文法解説があり韓国語の文法が総合的に学ぶことができます。

ハングル語検定を主催している機関が販売している公式テキストなので、ハングル語検定5級の対策テキストとしても最適です。

少し残念な点ですが、付属CDはなくてテキスト内の音声を聴くためには別売りの音声出力式のタッチペンを購入しなければなりません。



韓国語初心者がテキストときのポイント

必要最低限の単語を紹介

 テキストによっては本文中の単語や関連単語など紹介がありますが、初心者のうちは必要以上の単語を暗記しようとする必要はありません。

新しい単語を覚えて語彙力を増やすよりかは、まずは少ない単語でも文法を理解して確実に文章を理解できることに時間を当てましょう。

文章が大きくて見やすい

テキスト内の韓国語がびっしりと記載されていると、なにも初心者のうちやる気は失せてしまう場合があります。

テキストを試し読みできるのであればさらっと読んでみて韓国語の文章や解説が見やすいかどうか確認しておきましょう。

例文が豊富に掲載されている

初心者のうちは単語を覚えても文法的な知識が乏しいため、文章をつくるのに時間がかかります。

テキストに記載されている例文をそのまま覚えて使えるようになってから、単語を入れ替えて自分オリジナルの文章をつくってみましょう。

自分の学習スタイルにあったテキストを選ぶ

韓国語を学ぶ動機によっても学習スタイルが異なり、それぞれ最適なテキストも異なります。

会話をできようになりたい、SNSで投稿したい、資格を取得したいなど、学習スタイルにあったテキストを紹介しましょう。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク