中国語を使って「久しぶり」を表現するには?

Kanya
中国語で「久しぶり」はどうやって表現するの?
Shin
中国語の「久しぶり」は日本語の感覚と少し違った表現を使うんだ、よく使う表現を紹介しよう

本記事のテーマ

本記事を読めば、中国語の「久しぶり」に関連するフレーズを学ぶことができます。

中国語を使って「久しぶり」を表現する方法

定番のあいさつフレーズ

まずは、中国語の教科書では定番のあいさつフレーズです。

英語のLong time no see.を直訳したようなフレーズです。

「好久」でとても長い時間という意味ですが、上述の挨拶フレーズ以外にも使うことができます。

「久しぶり」のあいさつの後に続くフレーズ

「久しぶり」のあいさつをした後は相手の近況を尋ねるフレーズをよく使います。

他にも中国語の挨拶フレーズを学びたい方はこちらの記事を参考にしてください。

中国語のあいさつフレーズを勉強するときに覚えておきたいこと

2021年1月24日

「久しぶりに~する」の表現は?

「好久没+動詞」否定語の没と動詞を組み合わせることで長い時間~してなかった=久しぶりに~した、とういうニュアンスになります。

この「好久没+動詞」を覚えておけばいろんな「久しぶりに~」の表現ができます。

いくつか例文を例文を紹介するので参考にしてください。

好久没参加比
(久しぶりに試合に参加する)

好久没学汉语了
(久しぶりに中国語を勉強する)

ビジネスでも使える丁寧なフレーズ

ビジネス中国語でもつかえる丁寧なフレーズはこちらです。

违了,这几年您去哪儿?
(お久しぶりです、ここ数年どちらにいらっしゃいましたか?)

违は「地」といっしょに使って副詞として「久しぶりに~」と表せます。

我久违地想吃好吃的生鱼片
(美味しい刺身が久しぶりに食べたいです。)

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク