【中国語】仕事で使いたいていねいな印象を与えるお断りフレーズ16選

Kanya
ビジネスで中国語を使うときにていねいに断る方法ってどうすればいいの?
Shin
ビジネスで使えるていねいなフレーズを厳選して紹介しよう

本記事の内容

仕事で中国語でコミュニケーションをとるときにどうしても断らないといけないシーンであると思います。

ついつい日本語のフレーズの直訳を考えてしまいますがなかなかふさわしい中国語が見つからなかったりします。

本記事ではビジネスの実践でもすぐに使えるていねいに断る中国語フレーズを紹介します。

ていねいな印象を与える中国語お断りフレーズ

日本語の「検討」は中国語では意味も異なりあまり使われません。

「不用」は「~するに及ばない」という意味でそれ以上しなくてもいいことときに使います。

そのままのフレーズを覚えておきまそう。

相手の対応に十分満足しているときに使えます。

对不起,我不能接受
 (すみませんが、お断りします)

「接受」は受け入れるという意味です。

不好意思,我也很难办
(ごめんなさい、私には無理です)

「很难办」の直訳はするこがとても難しいですが、無理であるニュアンスを表現しています。

帮不了你的忙,不好意思
( お力になれなくて、すみません)

日本語でもよくいう言い回し表現です。

我没有把握,难以答应
(把握できないので、答えれないです)

すぐに答えれる自信がないこときはこのフレーズで乗り切りましょう。

今どうしても対応できないことを伝えるフレーズです。

 スケジュールの都合(つごう)がつきませんが…

时间上有冲突
(時間の都合がつかないです)

「冲突」は「ぶつかる」という意味ですが、時間の都合がつかない表現にも使えます。

不好意思,明天有事
(すみません、明日用事があります。)

日本語の「用事」は中国語で「有事」が使われます。

因为太忙了,实在没有时间
(忙しいので時間がありません)

ビジネス上のやり取りでは「因为」を使って理由をつたえるようにしましょう。



虽然很难得,但是您的心意我收下了
(せっかくですが、お気持ちだけ頂戴します)

よりていない断り方をするときに使います。

实在不是本意〜
(誠に不本意ではありますが〜)

満足できていないことをよりていねいに伝えるフレーズです。

虽然很理解您的心情,但是〜
(お気持ちは重々わかりますが〜)

相手の気持ちを理解した上で断りたい時に使うフレーズです。

不巧的是因不能休息,去不了,所以把我那份也享受一下
(あいにく休みがとれなくていけません、私の文まで楽しんできてください)

「不巧」は「あいにく」という意味で使われます。

他にもビジネスの場で中国語を使うための役立つ単語やフレーズを別の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてください。

以上、読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク