英語とタイ語の勉強でどっちが難しいのか? 【結論:タイ語の方は難しい】

Kanya
英語とタイ語の勉強でどっちが難しいの?
Shin
タイ語の方が難しいと感じる理由の方が多いよ

本記事の内容

本記事ではタイ語の勉強に英語と比較してどんなところが難しいのかを解説します。

英語の活かしたタイ語の同時学習をしたい人には大変参考になりますのでぜひご覧ください。

英語とタイ語の勉強でどっちが難しいのか 【結論:タイ語の方は難しい】

タイ語は英語より難しい理由

タイ語の勉強をしていて英語より難しいと感じる理由は以下です。

  1. 学校での基礎ベースがまったくない
  2. タイ文字が難解
  3. 発音が何種類もある
  4. 学習教材が少ない

①学校での基礎ベースがまったくない

多くの人は中学校や高校で英語を授業をうけているのでアルファベットの読み方や簡単な単語の基礎はできていると思います。

義務教育での英語学習方法を非難する声もありますが、数年に英語にわたって英語に触れている期間があるというのは大きなアドバンテージです。

タイ語に関してはそのような基礎がまったくない状態から勉強を始めます。
文法から発音、会話フレーズの基礎から学ぶ必要があるため、単純に基礎の習得に時間がかかります。

②タイ文字が難解

タイ語の教科書で勉強しようとおもってもタイ文字が難解と感じるのでいきなり文章は読めません。

タイ文字が読めないうちは音声を中心として学習をしないといけないです。

英語学習では書いたり、読んだりする勉強を実施してきた人も多くいると思いますが、タイ語においては一変して勉強のやり方を変えざる得ないです。

タイ語学習者初心者向けのにテキストにはアルファベットベースの発音記号が記載されているものがあります。

初心者におすすめのタイ語テキストを紹介しているのでこちらを参考にしてください。

春節祭 In 南京町

2019年2月12日

③発音が何種類もある

タイ語には中国語と同じように声調があり、同じ読み方でも抑揚の違いで意味が変わます。

しかも中国語は4つの声調があるのに対して、タイ語は5つの声調があります。

また、発音の種類も日本語や英語にはない独特な音もあるため、タイ語の発音の習得には時間がかかります。

④学習教材が少ない

本屋さんに行けば一目瞭然ですが、販売しているテキストの種類は英語に比べて極めて少ないです。

しかも中にはまともな解説もない学習者に不親切なテキストもあります。

英語であればいろんな種類をのテキストを通して応用力を養っていけますが、タイ語の学習においてはそのようにはいきません。
1つのテキストの学習から自分で考えて応用力を鍛えていかないといけないです。

タイ語の効率的な勉強方法を別の記事に紹介していますのでぜひ参考にしてください。

NHK 語学アプリを使ってみた感想

2019年2月17日



タイ語は英語より簡単と感じること

単語の勉強が簡単

タイ語の単語学習はは工夫をすれば効率的に単語を習得できます。

理由はタイ語の単語の特徴にあります。

タイ語の単語の語彙数は少ない(日本語比較)
タイ語の単語は短い単語を組み合わせて新たな単語を形成する
タイ語の単語の組み合わせのパターンにはいくつかの法則がある

上記の特徴をしっておけば英語とくらべて戦略的のタイ語の単語を覚えることができます。

タイ語の単語学習におすすめの参考書を別の記事で紹介してますのでぜひご覧ください。

タイ語 最強に使える単語集を紹介

2019年9月28日

文法がシンプル

タイ語の文法はそこまで複雑ではなく覚えるべき文法もそこまで多くないです。

例えば英語では時制や人称によって語形変化がありますが、タイ語では語形変化はないです。

英語の過去形や過去完了、仮定法といった複雑な文法のせいで文法学習を苦に感じる学習者は多いですが、タイ語の文法は非常にシンプルに感じます。

ですのでタイ語の丁寧に解説された参考書を1冊を何度も繰り返し音読すれば十分です。
タイ語の入門書でおすすめの書籍はこちらです。

タイ語初心者におすすめの教科書を別記事で紹介してますのでぜひ参考にしてください。

英語の勉強を活かしてタイ語の勉強方法

英語の表現をタイ語でも使う

タイ語でいざ表現してみるときに英語でも表現できないことをいきなりタイ語で話すとかか書くとかは難しいと思います。

個人差はありますが、人によって外語語を必要とするシーンは限られていて使用する単語も一定の傾向があります。
例えば旅行好きの人ならとTravel とかsightseeingとかいつも英語でよく使うの単語をタイ語で覚えておきます。

英語とタイ語の語順が基本的にはSVO(主語+述語+目的語)なので文章をつくるときは英語の部分をそのままタイ語に置き換えれば成立します。

英語とタイ語と日本語の3か国語の辞書も販売されているので、自分の使える英語の単語のタイ語でどう表すのか調べれば、効率的に語彙力を増やすことができます。

英語のタイ語学習コンテンツで勉強する

日本国内では日本語で解説しているあまりタイ語の教材がないですが、英語のコンテンツであればけっこう見つかります。

おすすめはこちらのYouTubeでタイ語の学習ができます。

タイ語と英語の聴けるので2言語の同時学習できるメリットがあります。

日本語の解説に頼ることなく頭の中が常に外国語モードで学習をすすめることができます。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク