中国語と英語の文法的な違いを徹底比較!同時学習をするメリット

Kanya
中国語と英語の文法はよく同じと聞くけど本当?
Shin
中国語と英語の文法は基本的な語順はいっしょだけど、それぞれの異なる特徴はたくさんあるんだ

本記事の内容

本記事では中国語と英語の文法的な違いを解説します。

本記事を読めば中国語と英語の同時学習を効率的行うための基本的な知識がわかります。

中国語と英語の文法的な違い

文法

圧倒的に中国語の方が覚える文法が少ないです。

理由は圧倒的に中国語の方が文法がシンプルです。

  • 中国語には英語のTheなどの冠詞がない
  • 中国語の名詞は単数・複数の違いがない
  • 中国語の動詞は時制(「過去形、未来形)の活用変化がない

基本語順はSVOで同じですが、修飾する品詞が加わる場合は文型は異なります。

また、中国語には名詞は単数・複数の違いが無かったり、時制での動詞の語形変化がなかったりするため英語の文法に比べて比較的に容易に習得できます。

発音

中国語と英語はどちらも日本語にはない発音や特徴があるのでどちらも難しいというのが結論です。

英語の発音はイントネーションを重視しているため、抑揚と強弱をつけながら発話します。

対して中国語は同じトーンで連続的に発音してもいけますが、中国語にはローマ字表記された拼音に加えて音の上げ下げを示す四声(声調)といわれる要素があります。

英語の単語のつながりで発音が変化したり省略する場合がありますが、中国語はそのようなことはなく一文字ごとに音は独立しています。

リスニング

リスニングに関しても発音と同じく日本人にはどちらも習得の難易度が高めです。

中国語は母音を重視、対して英語は子音の発音が重視されるためリスニングする際に集中するポイントが異なります。

また、中国語は拼音の発音自体のバリエーションは似たような発音が多いので、声調(四声)の聞き分けができないと意味の理解も厳しいです。

中国語の発音についてこちらの記事にまとめているので参考にしてください。

読解

日本人であれば圧倒的に中国語の方が楽に読解力がつきます。

理由は幼いころから学んできた日本語の漢字の能力は中国語においてもかなり役に立つ要素があるからです、

具体的に日本語を活用したおすすめの中国語勉強方法を別の記事で紹介してますので参考にしてください。

単語

中国語と英語でどちらも習得に必要な語彙数に大きな差はありません。

ただし、どちらの言語の学習においても言えるのが頻繁に使われるの単語は、実は一部の限られた単語です。人によって外語語を必要とするシーンは限られていて、使用するシーンに合わせた単語を重点的に学習するのが良いでしょう。

例えば旅行好きの人ならとTravel とかsightseeingとかいつも英語でよく使う単語を覚えておきます。

中級以上になってくると日常生活においてほとんど使わない、外国人が使いこなせないような単語が多く登場します。

英語であれば熟語、中国語で言えば慣用句や成語などが特にこの傾向が強く、学習時間の配分には注意しておかないといけないです。



中国語と英語を同時学習するおすすめの勉強方法

中国語と英語を同時に学習するおすすめの勉強方法をいくつか紹介します。

ぜひ自分にあった方法があれば実践してみてください。

隙間時間に言語学習する習慣をつける

2つの言語を同時学習することの課題としては学習時間をいかに確保するかです。

生活の中で隙間時間に言語学習する習慣があれば毎日少しづつでも勉強はできます。

例えばサラリーマンである私は出勤時と帰宅時の移動時間にそれぞれ英語と中国語のリスニングを中心に実施しています。

隙間時間をうまく活用できれば効率的に言語学習をすることができるのでぜひ習慣化しておくことをおすすめします。

隙間時間を活用するメリットについてはこちらの記事を参考にください。

【社会人必見】隙間時間を徹底活用した英語のリスニング学習方法

2021年1月6日

言語学習アプリハロートークを活用する

HelloTalk(ハロートーク)のアプリは世界中の言語を学びたい人同士が簡単に繋がれる画期的な語学交換アプリです。

学習する言語の種類は150カ国語も対応しているので英語以外にも言語の同時学習も実践できます。

HelloTalk(ハロートーク)を活用して効率的な外国語学習の方法を別の記事に紹介してますので、ぜひご覧ください。

【完全保存版】Hello Talk(ハロートーク)の使い方と効率的な外国語学習のやり方

2020年3月1日

文法を比較しながら学ぶ

中国語を習う人のほとんどはすでに英語を習った経験があると思うので、英語の知識をうまく活かすことで効率的に中国語を学ぶことができます

英語と中国語の文法を整理されてわかりやく比較・解説してくれているテキストもあるのでぜひ活用してみてください。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク