ビジネスチャットを使える英語を習得する6つの方法

Kanya
仕事で英語のチャットを使えるようにするにはどうすればいい?
Shin
効果的な英語ビジネスチャットを習得すれば仕事の効率が確実に上がるよ

本記事の内容

SNS普及により仕事のコミュケーションツールもメールからチャットにシフトしてきています。

日本の企業でもビジネスでチャットを使う文化がかなり浸透してきました。企業のグローバル化が進み、仕事で英語を使うケースも多くなってきていると思います。

本記事ではそんな方のために英語のビジネスチャットをより効果的に使う方法を紹介します。

ビジネスチャットを使うメリット

まずは最初にビジネスチャットを使うメリットを紹介します。

既にビジネスチャットのメリットを既に感じしている人はスキップして次項をご覧ください。

短い文章で済むので単純に業務時間が削減できる

ビジネスメールの場合はメールを作成する際に件名を作成したり、本文冒頭での「Dear~」や締め「Best Regards」を書く必要がありますが、チェットでは基本的に不要です。

多くのチャットツールでは@の後に宛先のユーザ名が表示されるので選択すればいいだけです。

また、本文引用のときもメールの時のようにわざわざ引用の操作をしなくてコメントをタップして返信すれば引用返信ができます。

本文中に使う英語も主語を省略できたりと、メールの文章よりも短い文章になるので単純に作業時間が減ります。

リアルタイムで情報交換ができる

ビジネスチャットは手軽に入力できるため一般的にメールと比較して返信までの時間が早いです。

ですのでリアルタイムに情報交換ができて、より早くより正確な情報をもとにビジネスのやり取りをすすめることができます。

チャットツールによっては既読、入力中などので相手側の状況もわかるのでよりコミュニケーションの精度があがります。

また、Gチャットを設定しておけばリアルタイムに共有できるので関係者への情報共有の作業も削減することができます。

同一の案件の履歴が追いやすい

ビジネスチャットでは基本的に時系列に沿って入力したチャットの記録が残ります。

過去やり取りを探すときはキーワード検索、画像、ファイル検索の機を使用すれば作業を効率化できます。

案件別にチャットGrを設定したり、スレッドを作るようにすればよりやり取りの内容を細分化して管理できます。

メールと同じように重要チャットにはピンタグをつけて管理もできる便利な機能もたいていのチャットツールには搭載されています。

ビジネスチャットを使える英語を習得する方法

ここからが本題です。

ビジネスチャットの効果を最大限に発揮する英語を習得するためには次の6つを意識することです。

①複文よりも単文で表す

接続詞を使った複文(文が2つ以上)よりも単文の方が文章を使うように意識します。

また、To不定詞や関係代名詞も文型を長くしてしまい、修飾しているポイントがわかりにくい場合もあるので極力避けます。

どうしても補足する必要がある場合は、文章を2つにわけてチャットで入力した方理解しやすいでしょう。

②特殊な文型構文は使わない

ビジネスチャットの原則はSVOのシンプルな文型で表すことです。

英語にはThere is構文,It is構文などのさまざなの種類の文型ルールがありますが、特に使わなくても同じ意味を伝えることができます。

(変更前)There is a problem in production
(変更後)Production has a problem

③イディオムは使わない

せっかく覚えた英語の熟語(イディオム)って使っていしまう傾向ありまえんか?

なんかイディオムを使った方英語のできる人にように思えていまいますが、実際は手短にわかりやすく相手につたえるビジネスシーンではほぼ不要です。

イディオムにすると単純に入力する文字数や相手の読む時間も増えるため、動詞1語で表せるようにしましょう。

(変更前)we make a decision about meeting
(変更後)we decide about meeting

make a decisionは「決定を下す」とうイディオムですが「決める」という動作自体は動詞の「decide」で表現できまきます。



④受身構文は使わずモノを主語にする

日本語を英訳してときによく「モノ・コトが~される」を表すときに受身構文を使う場合があります。

この場合でも「モノ・コト」を主語として使えば、「モノが~させる」という表現となし、英語の文字数を減らすことができます。

(変更前)We are confused by this problem
(変更後)This problem confuse us

日本語の感覚では違和感ありますが、なれる直感的で使いやすいのでぜひこちらの受身表現はできるだけ使わないようにしましょう。

⑤英語の略語を使う

ビジネスチャットではいくつかの単語を省略sた略語をけっこう使います。

略語はビジネスのやり取りでは失礼って思うかもしれませんが、基本的に日本人の丁寧なメールを書く文化はほとんどありません。

チャットでは短い文章で何度も相手と会話する形式なので、何度も同じ言葉を使う単語は略語を使った方が便利です。略語を使うことで文字を入力に時間を晴減らすことができるので使った方が便利です。

ビジネス英語に使える略語に関してはこちらの記事をご覧ください。

ビジネス英語で大活躍!略語を使うメリットとは【一覧まとめ】

2021年7月29日

⑥写真、動画を多用する

チャット機能ではテキストとあわせて写真や動画も添付できます。

テキストで長々と説明するよりも画像や動画を多く使えばより相手の理解しやすく、こちらの説明文も短くすることもできます。

ビジネスチャットを使いこなせればスピーキング力が上がる

上記のことを意識してビジネスチャットでシンプルな英語を使うようにしておけばスピーキング能力向上にも役に立ちます。

スピーキングの練習はやみくもに全部覚えようとしても頭に入りにくいので、最低限自分の使えるフレーズを厳選して何度も使う方がより効率的です。

自分の英語を伝えたいシーンや内容は個人によってある程度決まってきます。

何度も同じフレ―ズを使うとうになれば頭の中で考えなくても反射的に言葉がでてくるようになります。

ビジネスチャットの履歴には自身が関係するシーンの表現がたくさんあるのでぜひスピーキングの練習にも活用してみてください。

以上、読んでいただきありがとうございました。

社会人に英語学習で覚えておきたい効率的な学習方法を別の記事で紹介しています。

ビジネスでの英語を習得するために参考になりますのでぜひご覧ください。

社会人が実践すべき効率的な10つの英語のやり直し勉強方法

2021年1月26日
スポンサーリンク