中国語文法 独学で学ぶ効率的な勉強法 

中国語文法の勉強法

語学の上達方法としては最初に最低限の文法を習得することです。

ネイティブとは違い子供の頃から自然とその言語に接して習得する方法はほとんどの学習者は無理だと思うので、その代わりに文法という言葉のルールを知ることで効率的に外国語を習得することができます。

聞いて話すだけで語学は上達するという情報がありますが、学習効率が悪く無駄に時間がかかってしまいます。

この記事では中国語の文法にはどのような特徴があるのかわかりやすくまとめています。

中国語を一人で学びたい初心者から、もう一度文法を深く学びたい中上級者にも役に立つ情報がたくさんあるので是非参考にしてください。

基本的なレベルの文法だけまずは覚える

中国語の文法参考書には多くの内容が詰め込まれているので全てを習得しようとするとかなり時間がかかり、勉強もいやになってしまいます。

初級の段階では実践経験が少ないのでどの文法が頻繁に使うものかよくわからないため、闇雲に全ての文法を覚えようとしてしまいがちです。

実際に実践的に使う中国語を使う上でこれだけは知っておきたい内容を中心にまとめています。

段階的に覚えるには検定試験を活用

検定試験の問題や参考書を使うことで自分のレベルにあった文法を段階的に学ぶことができます。

初中級レベルの試験では実践でもよく使う文法が出題されるので、自身の理解度を客観的に測ることができます。

中国語文法の学習ペースメーカとして検定試験の学習とあわせていうことで効率的に習得できます。

私が実際に受験してきたおすすめの中国語の検定試験のHSKTECCで情報を別の記事で紹介しているので参考にしてください。

中国語の検定試験「HSK」の内容とおすすめ勉強法

2020年3月3日

中国語の試験TECCを活用した学習方法

2020年7月3日

中国語の文法の特徴を知る

中国語の文法の基礎レベルを習得することがそこまで難しくありません。

中国語には動詞の過去形や未来形などの語形変化や日本語の「てにをは」に相当する助詞など複雑な文法ルールはほとんどないです。

語順のルールを覚えればそれぞれの品詞に基づいて並べていくだけで正しい文章が成立します。

その代わりに動詞と組み合わせる補語や多彩な量詞など中国語特有の文法の学習には十分に学習時間を確保して理解する必要があります。

中上級者は細かい文法の使い分けを学ぶ

中上級レベルになると細かい文法的な使い方の違いを学習していきます。

以前学習した基礎な文法でもいざ使い方の違いを説明しようとするとなかなかできません。

基礎的な文法の細かな使い分けを習得することでよりネイティブに近い中国語を習得することができます。

ここまでの学習段階にいくと学ぶべき内容も多くなりますが、中国語の深さを学ぶことを楽しみながら地道に習得していきましょう。

中国語 似ている単語の使い分けまとめ

2020年3月13日

中国語文法のまとめ(随時更新中)

文章の構成

品詞

語法

語彙

スポンサーリンク