中国語を学習している人は絶対にWeChat(微信)アプリを使った方がいい理由

Kanya
中国語Wechatのアプリって使った方がいい?
Shin
中国語の学習者であれば必ずスマホにインストールしておきたいアプリだよ

本記事の内容

WeChatというのは日本におけるLINEのような位置づけでで中国で開発されたSNSアプリです。

中国語国内だけではなく、中国語を使うアジア諸国の人々に使用されています。

本記事ではWeChat(微信)アプリを中国語の学習で使った方が効率的に勉強できる理由を紹介します。

中国語を学習するならWechatは(微信)を必ず使ったほうがいい

中国語学習でWechat(微信)アプリの使用した方が良い理由は以下の3つです。

  • プライべートでも仕事でもとにかくWeChat(微信)で連絡を取り合う
  • モーメンツで知り合いの近況を知りながら中国語を勉強できる
  • 企業の公式アカウントやニュースサイトから中国語に接することができる

それでは詳しく解説していきましょう。

①プライべートでも仕事でもとにかくWeChat(微信)で連絡を取り合う

WeChat(微信)は中国や台湾、香港の人を中心にメッセンジャーアプリとし欠かせないツールです。

プライべートや仕事で知り合った友人と中国語で連絡を取り合いたい場合は、ぜひWeChat(微信)アプリを事前にインストールしておくことをおすすめします。

連絡がとれる相手は自分が承認した人のみなので、安心して利用できます。

Wechatチャット画面

WeChatをお互いにチャットをしていく中で実践的な中国語の表現が自然と学べます。

また、WeChatには無料の電話機能もあるので慣れたら直接会話をしてみて会話能力も鍛えることができます。電話は少し抵抗ある、と感じる人は人はボイスチャット機能を使ってみてください。

感覚的には日本人よりもボイスチャット機能を頻繁に使っている人けっこう見かけます。

やりとりした中国語は履歴からいるでも検索できるので、

覚えたい単語を検索してみてネイティブが使った表現フレーズを復習してそのまま覚えてみましょう。

わからない単語があってもワンタップで翻訳できる機能もあるので、中国語の学習初級者でもコミュ二ケーションの障壁がさほど高くないです。

②モーメンツで知り合いの近況を知りながら中国語を勉強できる

モーメンツ画面

WeChat(微信)はモーメンツ機能あり、ツイッターにような間隔で近況を投稿することができます。

モーメンツの画面ではWeChatで連絡を交換した友人の近況やそれに対してのコメント見れます。

日本のSNSでアプリに例えるとLINEのタイムライン機能にあたりますが、投稿している頻度は圧倒的にWeChat(微信)に方が多いです。

モーメンツ機能で投稿されている内容は主に自撮り・運動・子供・観光スポット・自身の作品・健康情報などが多いです。

教科書ではなかなか扱わない生のネイティブのや表現が学び放題なのでぜひモーメンツは定期的にチェックしましょう。



③企業の公式アカウントやニュースサイトから中国語に接することができる

フィシャルアカウント

WeChat(微信)は企業のオフィシャルアカウントやニュースサイトから中国語に接することができます

WeChatのオフィシャルアカウントやニュースサイトから最新の中国情報を知ることもできます。

中国でも日本の若者と同じように現在ではSNSアプリで情報収集をする傾向があるため、トレンド情報などの検索にも最適です。

中国のニュースサイトについては別に記事で詳しく紹介しているのでぜひご覧ぐださい。

中国語の学習で中国語ニュースサイトやアプリを活用するメリット【レベル別に紹介】

2021年1月17日

Wechat(微信)アプリは日本人でも無料で使うことができるアプリなのなのでぜひインストールして使ってみてください。

WeChat
WeChat

 

SNSでよく使う中国語

SNSでとく使われている中国語を別に記事で紹介しています。

これからWechatは(微信)を始める学習者には大変参考になりますので、ぜひ参考にしてください。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク